交通違反スピード違反で切符を切られてしまった時、もし初めてだと色々と戸惑うことが多いと思います。

違反してから、実際に免停になるまでの期間や、書類の手続き、解除する方法などを簡単にまとめてみました。

ついうっかりスピードを出しすぎてしまっても、厳しい罰則が待っています。

スポンサーリンク


スピード違反の点数と免停について

一般道路でのスピード違反は、30キロ未満であれば、捕まっても1-3点、罰金となります。

高速道路では、40キロ未満で1-3点、罰金です。

初めて捕まった場合は、
  • 6点から免停
  • 6-8点で、30日の免許停止
  • 9-11点で、60日
  • 12-14点で、90日
それ以上になると免許取り消しとなってしまいます。

また、違反が前回の免停から1年以内に2度目、3度目になると基準がさらに厳しくなります。

点数が6以上の場合は、反則金額も6万から8万円となります。

 

免停になってしまったらどうする?

免停になっても、いきなり運転ができなくなる訳ではありません。

免停になると、郵送で書類が送られてきます。

90日までの免停の場合は、行政処分の通知が届きます。

出頭要請で、期限と出頭場所が書かれています。

出頭後に、免許停止期間と開始日が決定します。

免許停止処分書というものを受理した日から、停止1日目となります。
スポンサーリンク


免停期間は、講習を受けることで短縮できます。

30日の免停の場合は、1日の講習で、受講料13200円。

60日の免停の場合は、2日間の講習で、受講料22000円。

講習の成績により、免停の短縮日数が決まります。

成績が良い場合は、1日の講習だけで30日の免停が、29日間短縮されることになります。

講習は任意ですので、受けない場合は、通常の免停期間となります。

免停が90日以上の場合は、意見の聴取が行われます。

日時と場所は連絡がきますので、その聞き取りにより、免停日数が決定します。

講習により、日数の軽減はできますが、90日以上となるとどんなに講習の成績が良くても、軽減できる日数は、少なくなります。

90日の免停で、最大でも45日、120日は、最大でも60日の軽減となります。

 

免停が終わった後も、要注意

講習後は1年間は無事故無違反を心がけましょう。

もし1年以内に、二度目の違反があると、さらに厳しくなり、4点で60日の免停、10点で免許取り消しとなってしまいます。

さらに三度目ですと、2点で90日の免停となってしまいます。

免停が終了してから、1年間無事故無違反であった場合は、前歴はなしとされます。

スポンサーリンク