かわいいハリネズミ
まるで童話の世界から、抜け出して来た様な可愛らしさがあります。

まだまだペットとしてはメジャーではないため、飼う前にはどんな生態なのかを良く知っておく必要があります。

温度に敏感で、暑すぎると弱ってしまい、寒すぎると冬眠をしてしまいます。

健康に過ごしてもらうため、冬や夏は、どのように管理するといいのでしょうか。

関連記事:ハリネズミの値段はいくらなの?飼う前に確認すべきことは?

スポンサーリンク


ハリネズミの飼育にちょうどいい温度・湿度は?

ハリネズミは温度や湿度に敏感です。

ハリネズミを飼う為には、温度調節は欠かせない仕事となります。

大体25度から30度ぐらいの間に温度を保つように気をつけます。

湿度が高すぎても良くありません。

理想の環境は、25-27度、湿度は50%前後となります。

冬場は室内を暖房であたためることは勿論ですが、それだけでは温かい空気は上昇してしまいます。

ケージ内の温度を保つため、小動物用のヒーターや保温電球で暖めてあげます。

ゲージの中に、布を敷いたり、布で覆ったりすることで保温ができます。

ですが、暖めすぎも、また負担となりますので、注意が必要です。

体温が冷たくなり、丸まった状態のまま動かなくなってしまったら、冬眠してしまっています。

その場合は、体温を上げてあげなくては危険です。

急激に暖めると危険ですので、ゆっくり暖めるようにします。

はじめてのハリネズミ飼育セット 飼育説明書付き 

 

ハリネズミの飼育で夏に気をつけることは?

冬場に寒すぎると冬眠をしてしまうハリネズミですが、暑すぎても「夏眠」をしてしまいます。

温度が30度を超えると、眠ったように動かなくなってしまいます。

冬眠も夏眠も、食べ物を蓄えないまま眠りに入ってしまうと、命の危険が生じます。

眠りに入ってしまわないように管理することは、とても重要です。

夏眠に入りそうになったときは、動きが鈍くなってきます。

そのときは、ゆっくり体温を下げます。

まずは涼しい、風通しの良い場所に置き、濡れタオルで体を包みます。

夏場は、水や餌が腐りやすいので、ゲージを清潔に保つよう心がけます。

扇風機で風通しを良くしたり(直接あててはいけません)、ひんやりマットを敷いたりします。

スポンサーリンク

ハリネズミを置いて旅行に行く場合は?何日が限度?

旅行に出かけるからといって、数日分の餌をゲージに入れたとしても、ハリネズミは、自分で餌の量の調節ができません。

お腹が空いたら、その中からちょこちょこ食べてくれるということができないので、一度に食べてしまったり、全然食べようとしなかったりということがあります。

ですので、ハリネズミを置いて数日外泊するというのは、ちょっと難しいです。

1日ぐらいでしたら良いですが、それ以上になる場合は、ペットホテルに預けたり世話をする人に来てもらったりしたほうが良いです。

スポンサーリンク