都会で生活していたら、熊に遭遇することはないですが、例えば山登りや、キャンプに遊びに行った時、熊に遭遇するかもしれません。

ありえないことかもしれませんが、動物園から逃げてきた熊にバッタリ遭遇・・・なんて事があるかも・・・しれません?

熊に会ったら、本当に死んだふりは、効くのでしょうか?

熊はどうして人を襲うの?

熊は元々は、獰猛ではなく、恐がりなので人がいると分かれば、自分から襲い掛かってくることは、ほとんどありません。

遠くにいれば、むしろ熊のほうが逃げていきます。

スポンサーリンク



熊が人を襲うのには、驚いて興奮して攻撃してくることがあります。また、子連れの熊は、子供を守るために強い警戒心を持っています。

そのため、いきなり攻撃してくることがあります。

食料調達のために、襲ってくることもあります。

空腹の場合は、人が持っている食べ物を奪いに来ることもありますし、熊の種類によっては、人を襲って食べるものもいます。

ツキノワグマは人を襲って食べることはありません。

ツキノワグマ
ヒグマは、人を襲って食べることがあります。

ヒグマ
熊はテリトリーを侵害されることを嫌います。

熊が安心していられる場所に、入ってしまったときは襲われることがあります。

 

熊に襲われないために予防しておくこと

まず、熊に襲われないために、人間がいるということをアピールします。

物音を立てるようにして歩くことで、熊に人間がいることを知らせます。

歌を歌ったり、口笛を吹いたりするのも良いですが、歩いている間、ずっと歌を歌っているのも大変です。

携帯で音楽やラジオをかけたり、鈴をかばんに下げておいて鳴らすと、常に音が鳴っていて良いでしょう。

万が一のために、何か武器をもっておくこと。

扱いやすいものとしては、動物撃退スプレーの熊用のもの。かなり効果はあります。


ですが、スプレーが効かない熊も、稀にいるようです。

その場合は、鉈などの刃物で戦うしかありません。

イザという時のことを考えて、荷物の取り出しやすい場所に入れるか、身につけられるようにしておくと良いでしょう。
スポンサーリンク

万が一、熊に出くわしたときにすること

熊と出くわしてしまった場合、まずは落ち着いて相手を驚かせないようにします。

一番いけないのは、慌てて、大声を立てて逃げようとすることです。熊の狩猟本能として、逃げるものは、追いかけてきます。

至近距離で出会わない限りは、熊のほうが逃げていくことも多いようです。

もし至近距離で熊と出くわしてしまった場合は、そのまま、熊の目をみたまま、ゆっくり後ずさりします。

優しい声で話しかけながら、目をみて後ずさりするといいという説もあります。

そうすると、敵対心がないこと、危険がないということで、熊のほうも、そのまま去っていってくれることがあります。

死んだふりをするというのは、嘘のようです。

死んだふりをしていると、熊のなぶりものにされて、ヘタをしたら、本当に死んでしまうことになるかもしれません。

熊は、走るのが速く、時速50キロぐらいは出ます。

また木登りも上手ですし、泳ぐこともできます。

木に登っても、川に飛び込んでも、逃げられないということです。

もし攻撃をしてきたら、武器がある場合はそれを使って、命がけで抵抗をします。

熊の弱点である、額をめがけて攻撃します。

もし武器もなく襲われた場合は、体を丸めておなかを守ります。

手は後頭部を防御するようにします。

無抵抗に丸まっていると、攻撃する気がないと判断して、熊が去っていくこともあります。

スポンサーリンク