耳をふさぐ女性隣人や近所の人とのトラブルは、案外多く、約50パーセントもの人が、何かしらのトラブルを抱えていると言われています。

誰でも家では、快適に過ごしたいと願っているのに、トラブルがあっては、気持ちが休まりませんね。

よくある隣人とのトラブルには、どんなものがあるのでしょう。

スポンサーリンク


隣人トラブルの原因のナンバー1は?

隣人トラブルの原因で、やはり最も多いものと言えば「騒音」の問題です。

一言に騒音と言っても、いろんな種類の騒音があります。

子供の泣き声や叫び声から、ドタドタ走る足音。

それを叱る、親の声。

ペットの鳴き声。

上の階の人が歩く足音。

パーティーなどで大騒ぎ。

大声でケンカする。

楽器の音や、やカラオケを歌う声、大音響で音楽をかける。

深夜のテレビの音や、家電を使う音。

ドアの開け閉めの音などもあります。

これ以外にも、人が不快に感じる音と言うのはたくさんあり、隣人がせき込む音、つばを吐く音・・・なんていうものもあります。

関連記事:隣人トラブルの対処法は?だれに相談すればいいの?

 

ペットと子供の問題

騒音の中でも出てきましたが、ペットと子供の問題は、隣人トラブルが多いので、注意が必要です。

子供の場合は、バタバタ走ったり、大声をあげる、ドンドン飛び跳ねるなどがあります。

室内だけでなく、マンションなどの場合は、階段やエレベーター、玄関など、公共の場所で走り回ったり、いたずらをすることもあります。

ペットの場合は、鳴き声だけでなく、におい、排泄物の処理のこともあります。

ペットが嫌い、または恐い。

子供が嫌いという人もいますので、いるだけでもストレスになってしまう人もいます。
スポンサーリンク

その他の隣人トラブルは?

自分の敷地内に、他人がものを置いたりすることで、トラブルが生じる境界線の問題もあります。
  • 廊下にものを置いている人がいることで、通行するときに邪魔になる
  • 隣の家の木の枝が、どんどん自分の家の庭に伸びてくる
といったようなことが境界線の問題です。

また、みんなが使える場所に、一人だけ独占して使ったり、駐車スペースに自分勝手に停めて、他人が停めづらくなる。

ゴミの日を無視して、勝手に出しているなど、ルールを無視した行動をする人にも、ストレスを感じる人が多いようです。

ゴミやタバコのポイ捨てをされたり、痰やつばを吐くなど、イヤなトラブルもあります。

向かいの家の窓から、覗かれているような気がするといった、ちょっと気持ちの悪いトラブルもあります。

挨拶をしても、無視されるといったことも、隣人トラブルのひとつになります。

スポンサーリンク