イライラ「夏バテ」という言葉は良く耳にしますが、最近では「冬バテ」という言葉も聞く様になりました。

夏も冬も、厳しい気候ということもあり、体に様々な影響を及ぼします。

冬バテと、夏バテの症状や、どんなことに気をつけたら良いかをまとめてみました。

スポンサーリンク


夏バテと冬バテは、どうしておこる?

夏バテは、暑い夏場に、エアコンが効きすぎた部屋などにいることで、体温を調節する、自律神経の働きが狂ってしまうことが原因です。

自律神経は、体が元気に、正常に働くためには欠かせない、大切な働きをしています。

体温を調整するだけでなく、血液を送ったり、心臓を動かすなども、自律神経が働いているためにできていることです。

この機能が狂ってしまうと、元気がなくなってしまう。

疲れる、だるい、重い、やる気が出ない、イライラする・・・。

といったような、体の不調が出てきてしまうのです。

冬バテは、本来は寒いはずの冬に、暖房の中にずっといることで、外気との温度差に体がついていけなくなることです。

夏バテと同じように、自律神経が狂ってしまいます。

冬バテの症状は?

自律神経の働きが狂うことで起こる症状は、

体が重い、だるい、倦怠感、肩こり、イライラ、頭痛、不眠

などがあります。

その他にも、手足の冷え、筋肉の痛みや凝り、むくみ、血行不良

などがあります。

これらは、温度が低いことから起こったりするものです。

寒いというだけでも、体にストレスがかかっているのです。

冬場はどうしても寒いので家でじっとしがち。

運動不足が原因で、起こったりするものもあります。

胃腸の調子が悪いという場合は、季節柄、食べすぎ、飲みすぎが重なることが原因です。
スポンサーリンク

冬バテになってしまったら?

冬バテになってしまったら、まずはゆっくりと体を休めてください。

自律神経を正常に整えるには、ゆっくりする時間を持ち、副交感神経が活動する時間を作ることです。

ゆっくりとご飯を食べる、お風呂に浸かる、リラックスする時間を意識して作る。

夜は良く眠れるように、パソコンやスマホはほどほどにします。

ハーブティーを飲んだりするのも、効果的です。

ビタミン豊富 疲れていませんか 10g 【ハーブティー ブレンドティー】【RCP】

体を冷やさないように、温かい飲み物や、体を温める食べ物を積極的に摂りましょう。

バランスの良い食事を心がけ、野菜がたっぷり入ったスープや汁物で、体を温めると良いですね。

スープは食べるとほっとしますし、副交感神経にも良さそうです!

運動不足にならないように、適度な運動も心がけましょう。

寒くてどこにも行きたくないという場合は、家の中でストレッチをするだけでも、血のめぐりが良くなりますよ。

スポンサーリンク