%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%89%8bベビー布団は、買うべきか、必要ないのか。出産を控えたお母さんは、悩むところだと思います。

添い寝のほうが、すぐに世話ができて、子供のためにはいいのではないのでしょうか。ベビー布団を買っても、結局使わないということにならないでしょうか。

どのくらい人が、ベビー布団を使っているのでしょう。

スポンサーリンク


ベビー布団にはどんな利点があるの?

ベビー布団は、大人の布団と比べて、固めにできています。骨格の柔らかい赤ちゃんの背骨や、体の形成にふさわしい固さにしてあります。

また赤ちゃんは汗をとてもかいたり、おもらしやミルクの吐き戻しなど、布団を汚すことがたくさんあります。

ベビー布団は小さいので、洗濯も楽ですし、清潔を保つためにもオススメです。

また付属品として、防水シーツや汗取りパッドがついているものもあります。

赤ちゃんが大人の布団の隣で添い寝する場合、布団が顔にかかってしまったりすると窒息の危険もあります。

ベビー用のものでしたら軽いので、窒息の心配も少なくなります。

赤ちゃん用に作られているので、やはり安心して使うことができます。

日本製洗えるベビー布団セット

 

ベビー布団 いつまで使う?

ベビー布団を長く使う人は、3才から4才ぐらいまで使う人もいます。

赤ちゃんでも、寝返りができるようになれば、窒息の危険もなくなるので、添い寝に切り替える人もいます。おむつが取れるまではベビー布団という人もいます。

おもらしなどしてしまった後は、やはりふとんを丸ごと洗いたいと思う人も多いようです。

洗濯も楽ですし、軽くて干すのもベビー布団は楽です。

 

ベビー布団の後はどんな布団がある?

ベビー布団が小さくなったなと感じたら、ジュニア用ふとんか大人の布団に切り替えることになります。

ジュニア用ふとんは、抗菌やアレルギー対策をしているものなどがあります。

取り扱いは大人用よりも軽く小さいので、出し入れに便利です。
スポンサーリンク

ベビー布団を使わない派の考えは?

ベビー布団を使っていない人も多くいるようです。

添い寝をすることの利点としては、お母さんがそばにいることで、子供の情緒が安定すると言われています。

また、夜中に赤ちゃんの様子に変化があると、気がつきやすい点があります。

夜中の授乳なども、母乳の場合はすぐにあげられます。重いふとんなどが赤ちゃんにかぶってしまわないように、タオルケットや羽根布団などを使うと良いです。

また、赤ちゃんのそばに、寝相の悪い兄弟などを寝かさないようにするなどの配慮が必要です。

ただし、赤ちゃんがすぐそばにいて緊張しているため、お母さんが睡眠不足になることが欠点となります。

スポンサーリンク