%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f雨で洗濯物が干せなかったり、洗濯物を急いで乾かしたい時に、短時間で乾くコインランドリーの乾燥機は、とても便利ですよね。

コインランドリーで、乾燥機を使う場合、大体どれぐらいの時間を目安にしたら良いのでしょう。

衣類の量や、乾燥機の大きさによっても異なるものなのでしょうか。

スポンサーリンク


コインランドリーの乾燥機を賢く使う

コインランドリーの乾燥機は、家庭用の乾燥機とは違い、熱量も高いため、比較的短時間で乾かすことができます。

雨で洗濯物を干せない時は重宝するのはもちろん、コインランドリーの乾燥機を使うと、除菌効果があったり、衣類がふわふわになったり、アイロン要らずといった効果もあります。

あのふわふわがクセになって・・・という方も多いのでは?

賢く使えば、家事も楽になりますね。

また、コインランドリーだったら、家庭の洗濯機では洗うのが大変な、毛布や布団といった大きなものを洗うことができて、乾かすこともできます。

大きな容量のものだったら、1枚だけでなく、数枚一緒に洗って乾かすこともできます。

でも、乾燥機を使うときに、どれぐらい使ったらいいものか、悩みますよね。

洗濯物の重さや、乾燥機の容量によっても、変ってきますし、洗濯物の内容によっても変ってきます。

衣類だけでも、シャツと、ジャケットと、ジーンズではもちろん乾く時間も異なります。

乾燥機の目安時間とは?

乾燥機は、時間が短いと生乾きになってしまいますし、長すぎると、衣類が傷んだり、縮んだりする原因になります。

使用時間の目安としては、おおよそ30分から50分ぐらい。

シャツやタオルなど、薄手の衣類だったら30分ぐらい。

ジャケットやジーンズなど、厚手のものだったら、45分ぐらい。

乾燥機に入れる洗濯物の量や、乾燥機の機械によっても、乾燥時間は変りますので、何度か使ってコツを掴みましょう。

乾燥時間に悩んだら、まずは30分程度かけてみて、乾き具合を見ながら、時間を追加してみてはどうでしょう。
スポンサーリンク

乾燥機を使うときの注意

乾燥機には、7キロ、10キロ、15キロ、25キロなど、大きさが分かれています。

どの大きさを選ぶかというのも、ちょっとしたポイントです。

乾燥機にいっぱい洗濯物を入れてしまうと、もちろん乾くまでに時間がかかってしまいます。

多めに詰め込んだ場合、完全に乾かすのには、1時間以上もかかってしまうこともあります。

いつも7キロを使っていたけれど、15キロにしたら、乾燥時間が短くて済んだ・・・ということもあります。

洗濯物は、濡れている状態ではぺしゃんこですが、乾くと膨れますので、濡れた状態でいっぱいに入れてはいけません。

洗濯物は、乾燥機の5-60%ぐらいの容量までにしましょう。

スポンサーリンク