スピードの出しすぎで、捕まってしまった場合。

速度違反の罰金の決まりは、
どう決まっているのでしょう?

a1180_004233
違反点数や罰金金額を知っておくと、
ゆっくり安全運転になるかもしれません?

スポンサーリンク


速度違反の罰金はいくら?点数は?

自動速度違反取締装置(総称してオービス)で、
違反をキャッチされてしまった場合。

普通車の場合は、以下のような違反切符と罰金があります。

一般道路と、高速道路で、金額が異なります。

また、速度違反が、初めてか、数回かでも、金額が変ってきます。

一般道路でのスピード違反の場合

15km未満 違反点数1点 違反金9000円

15km以上20km未満 違反点数1点 違反金12000円

20km以上25km未満 違反点数2点 違反金15000円

25km以上30km未満 違反点数3点 違反金18000円

30km以上50km未満 違反点数6点 簡易裁判にて罰金金額が決まります(赤切符)

30km以上50km未満の場合は、裁判では7-8万円程度になります。

30km以上が赤切符となります。

高速道路でのスピード違反の場合

15km未満 違反点数1点 違反金9000円

15km以上20km未満 違反点数1点 違反金12000円

20km以上25km未満 違反点数2点 違反金15000円

25km以上30km未満 違反点数3点 違反金18000円

30km以上35km未満 違反点数3点 違反金25000円

35km以上40km未満 違反点数3点 違反金35000円

40km以上50km未満 違反点数6点 簡易裁判にて罰金金額が決まります。

40km以上が赤切符となります。

スポンサーリンク

速度違反の罰金の支払いの方法は?

「交通反則告知書(青キップ)」を告知されてしまったら、
支払い義務が生じます。

告知書とともに「反則金仮納付書」が渡されますので、
そこに記載してある、納付期限までに反則金の支払いをします。

通常告知を受けた翌日から7日以内が納金期限となります。

納付は、銀行や郵便局などから振込みとなります。

納付書を持参し、窓口にて支払いをします。

支払いは、現金のみとなります。

分割などはできません。

また納付後は、いかなる理由でも返金はされません。

 

速度違反の反則金納付の流れ

仮納付書に記載された納付期限が過ぎてしまった場合。

通告書の「反則金納付」の通知が来ます。

通告を受けた日の翌日から10日以内に反則金と通告書の送料を、
銀行か郵便局から支払いをします。

納付期限までに、納付できなかった場合は、
出頭指定日に交通反則通告センターへ出頭します。

交通反則告知書、納付期限切れの納付書、印鑑を持って出頭します。

海外出張や、長期入院などで、
金融機関での納付や出頭が不可能な場合は速やかに申し出ます。

納入や出頭は、本人または代理人でも可能です。

関連記事:スピード違反での免停の流れは?運転ができなくなるのはどの時点?

 

速度違反の罰金は払わないとどうなる?支払えない場合は?

期限内に反則金を納めない、出頭にも応じない場合。

刑事訴訟手続や、少年審判手続で
処理されることになってしまいます。

こうなってしまうと、今度は、交通執行課から連絡がきます。

これに応じた場合は、略式裁判となり、
反則金を納めるよう有罪が言い渡されます。

反則金を支払えば、それで終了します。

出頭しない場合は、逮捕されることもあります。

仮納付書の期限は7日以内ですが、それを過ぎてしまった場合は、
次に反則金納付の通知がきます。

この反則金納付の通知は、
最初に告知を受けてから大体40日程で届きます。

ですので、手持ちのお金がないという場合でも、
この40日間の間にお金の工面をしましょう。

反則金納付の通知が来てからの支払いの場合は、
別途送付手数料が800円程度加算されます。

スポンサーリンク