%e5%a6%8a%e5%a9%a6ママになる前に、旅行に行っておきたい人や、里帰り出産を計画している人。

妊娠中の飛行機の移動は、体にどんな影響があるのでしょう。

またいつまで飛行機に乗れるのか、決まりはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


妊娠中に飛行機はいつまで乗れる?

妊娠中の飛行機はいつまで乗れるかについては、各航空会社が定めているものがあります。

各会社によって異なりますが、大体は出産予定日の8日前までは可能というところが多いようです。

JAL ママおでかけサポート

こちらのページに詳細が載っています。

出産予定日28日~8日前までにご搭乗・・・診断書の提出が必要です。

出産予定日7日前までにご搭乗・・・診断書の提出と医師の同伴が必要です。

※診断書はご搭乗日の7日以内に作成された「お客さまが航空旅行を行われるにあたり、健康上支障がない」という旨、医師が明記したものをご用意ください。

ANA 妊娠中のお客様向けサポートについて

こちらのページに詳細が載っています。

出産予定日を含め14日以内・・・診断書の提出および医師の同伴が必要です。

出産予定日を含め15日以上28日以内・・・診断書の提出が必要です。

※診断書はご搭乗の7日以内(ご搭乗日を含めて)に発行された「お客様が航空旅行を行われるにあたり、健康上支障がない」という旨、医師が明記したものとします。

妊娠中であることを予約の際に伝えておくと、妊婦さん用のサービスを用意してもらえることもありますので、伝えましょう。

妊娠中の飛行機移動に適した時期は?

飛行機での移動は、気圧が激しく変動することで、酸素濃度が薄くなることもあり、息苦しさを覚えることもあるかもしれません。

つわりの症状がある場合は、気分が悪くなることもあるでしょう。

また、長時間同じ体制でい続けないといけないため、エコノミー症候群を起こしやすくなります。

妊娠初期は流産の危険があったり、つわりがあるために、体に負担がかかる飛行機での移動はお勧めしません。

また7ヶ月以上になると、おなかも大きくなり、歩くとき安定感が悪くなりやすくなります。膀胱を圧迫するため、トイレが近くなることなどで、こちらもあまりお勧めいたしません。

安定期である、5ヶ月から7ヶ月の間ぐらいが、飛行機での移動には、良い時期ということになります。
スポンサーリンク

飛行機の搭乗を控えたほうが良い場合は

妊娠中に飛行機に乗る場合は、月数を問わず、主治医に一言相談しておくほうが安心です。

妊娠中の経過が順調であれば、問題はありませんが、以下の症状がある場合は、必ず医師に許可をもらうようにします。

切迫流産や早産の恐れがあったり、高血圧、糖尿病、妊娠中毒症、貧血、お腹が張りやすい、出血があるなど。

 

妊娠中の飛行機の搭乗で準備をするもの

移動中のイザという時のことを考えて、保険証母子手帳は、必ず携帯するようにしておきます。

座席は通路側をリクエストするようにし、当日も優先搭乗ができるようにリクエストをあげておきます。

機内ではエコノミー症候群を予防するためにも、水分をこまめに補給したり、手首や足首をまわすなどします。

機内は乾燥をしており、ウィルス感染しやすくなっているため、マスクをしておいたほうが安心です。

 

まとめ

妊娠中の飛行機は、出産予定日の一ヶ月前ぐらいが安心です。

8日前からは、医師の診断書や、医師の同行が義務付けになることがあります。

できれば移動は、妊娠5-7ヶ月の安定期にするのがお勧めです。

スポンサーリンク