Print2015年10月から、マイナンバー制度が導入が始まりました。

保険料、所得の管理、税金の徴収などが、マイナンバーで管理されることになります。そうなると、例えば正社員で働いている会社に、副業での収入も、バレてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


マイナンバーからわかること

2016年から申請、交付がはじまっているマイナンバー。

12桁の個人番号は、税金や年金、社会保険などを、管理することができます。

マイナンバーを使うことで、今まで別々の場所で管理されていた保険や、税金などが、効率良く管理ができるようになります。従来のように、色々な期間を回って、個々に手続きをするという、手間が省けるようになります。

ですがその一方で、きちんと管理されることによって、収入などが一目でわかるようになってしまうのではないかという、不安もあります。

 

マイナンバーで副業がバレるかどうか

収入や税金にかかることは、正社員だけではなく、パートやアルバイトでも、マイナンバーを使って処理をすることになります。

当然社員は、会社にマイナンバーを提出することになります。また、パートやアルバイト先にも、同じくマイナンバーを提出することになります。

マイナンバーに全部の情報がでるということは、個人の所得や、納税額が会社に分かってしまうのではないか?と言う声が、出てきました。
スポンサーリンク

マイナンバーから納税金額が会社に行く?

マイナンバーを会社が保持していることで、個人の所得を調べることができるかどうかについて。

これについては、調べられないようです。

マイナンバーは、定められた行政手続きにしか、使うことができないとされています。よって、たとえ会社であっても個人のマイナンバーから所得を調べるということは、できません。

もし会社から疑いを持たれるかもしれないのは

確定申告をしていない場合

副業であっても、確定申告をしていない場合は、脱税とみなされて、納税の義務が生じます。その場合は、会社にバレてしまう可能性があります。

アルバイトであっても、所得がある場合は、きちんと確定申告を怠らないようにしましょう。

会社で住民税の納税手続きをする場合は、納税額が給料よりも高くなっていることで、アルバイトの疑いがもたれるかもしれません。

住民税を会社経由で納める場合

住民税が会社の給料分よりも高くなっている場合、副業がバレてしまう可能性があります。これは、自分で納入することを選択すれば、バレることはありません。

もし会社の給料から差し引いて納入する「特別徴収」としてしまうと、副業の分も合わせた税額を収めることになるので、バレてしまいます。

この2点を気をつければ、マイナンバーを会社に伝えても、副業がバレるということは、ほぼないと思われます。

スポンサーリンク