%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%a6%81%e6%ad%a2「週2日の休肝日を作りましょう!」

と、推奨されていますが、アルコールを摂取せずに、肝臓を休めるというのは、どういうことなのでしょう。

休肝日をとることのメリットには、どんなことがあるのでしょう。

スポンサーリンク


休肝日は必要ない?

肝臓には、食べ物を体内で蓄え、エネルギーに変える働きをしたり、アルコールを分解したり、老廃物をながしたりする働きをしています。

アルコールを分解することは、確かに肝臓に負担をかけますが、お酒を飲まなくても、肝臓はずっと働き続けています。

ですので、休肝日という言葉は、そもそもおかしな言葉なんですね。

お酒を飲まなくても、食べものによっては、肝臓に負担がかかります。

また、週に2日お酒を休んでも、肝臓が元気になるというものでも、ないようです。

アルコールは缶ビール1本ぐらいだったら、2時間ぐらいで分解されます。

ですので、2日間も休む必要はないのではないかという疑問もでてきます。

休肝日という言葉が作られたのには、アルコールの摂取量を減らし、健康を維持しましょうということが理由のようです。

飲みすぎることなく、アルコールを適量楽しめるのであれば、わざわざ週2回の休肝日を作る必要はないとも、言われています。

アルコール摂取のの適量とは・・・
  • ビール中びん1本
  • 日本酒は1合
  • ウイスキーはダブル1杯
を目安にします。
スポンサーリンク

休肝日を作ることに、メリットはある?

肝臓に負担をかけるような飲み方をしなければ、休肝日(アルコール摂取を控える日)を作らなくても良いようです。

でも、付き合いで飲む場合もありますから、ついつい飲みすぎたり、適量でやめるというのは、なかなか難しいものです。

適量内で収めることができる人のほうが、逆にすごいです。

また、体内にアルコールがずっとある状態だと、アルコールがないとガマンできない、中毒症状を起こすことがあります。

アルコールは、摂取後すぐには分解されないため2日程度アルコール摂取を休むことで、体からアルコールが分解されて、抜けた状態になります。

休肝日を作ることには、
  • アルコール中毒を起こさないようにする
  • お酒の摂取量を減らし、健康を維持する
といったメリットがあります。

アルコールの摂取が多すぎると、体には様々な障害がでてきます。

脂肪肝や肝炎、糖尿病、高血圧などにもなりやすくなります。

肝臓だけでなく、消化器にも負担をかけますし、脳や神経にも異常が出てくることもあります。

また、お酒を飲まない日があると、何となく健康的になったような気分にもなりますよね。

できれば、週2日の休肝日は実行したほうが、体に良さそうですね。

スポンサーリンク