足の指や裏にできると気になる魚の目。

せっかくおしゃれな靴をはいても、
魚の目があって人目に触れるのも
恥ずかしいですよね。

MIMIYAKO85_namitosunahama20140726500

靴との摩擦で、痛みを感じることもあります。

魚の目を取っても取っても出てきてしまうことで悩んでいませんか?

スポンサーリンク


魚の目ができてしまう原因は?

魚の目大きな原因ができてしまう原因は、
合わない靴で締め付けてしまうことがあげられます。

足を締め付けた部に皮膚が、摩擦で厚い角質ができてしまいます。

ヒールやパンプスで、指先に体重がかかってしまったりするのも、注意です。

親指や、小指など、摩擦のある場所に
魚の目ができてしまうことが多いです。

また、歩き方の癖で、同じ場所に体重がかかってしまうことが
原因になることもあります。


他にも、血行が悪いとなりやすいこともあげられます。

冷え性の人は、かかりやすいということです。

血がいきわたらないと、心臓から遠い足の皮膚が固くなってしまいます。

また、糖尿病や、動脈硬化などが原因で、
魚の目ができてしまうこともあります。

 

魚の目は痛い?痛くない?

魚の目は、皮膚の角質の一部が厚くなり、
皮膚の深いところにまで根を張っています。

硬い芯は皮膚の真皮まで伸びて、神経に触れて、
痛みを起こすこともあります。


痛くて、靴を履いての歩行もきついという場合は、
薬局などで、患部に張ってケアする、
パッチタイプの薬剤を使用するといいです。

パッチがクッションになって、外部からの刺激による
痛みをやわらげる働きもあります。

靴もヒールなどを避け、底の薄い靴よりも、
クッションのある靴で足に衝撃がかからないようにしましょう。

アスファルトを長時間あるくのも、悪影響となります。

 

魚の目の取り方は?自己治療できる?病院での取り方は?

魚の目は、はさみやピンセットで、
固くなっている部分を除去するだけでは治りません。

芯がのこっていると、また魚の目がでてきてしまいます。

えぐったりすることは、ばい菌が入ったり、
炎症がおきる原因になるので、やめましょう。


薬局では、魚の目、いぼ、たこ用の
ケア製品が複数販売されています。

まずはこういう製品を使ってみてはどうでしょうか。

貼り薬や塗り薬タイプのものがあり、
固くなった部分を薬剤で柔らかくします。

一週間から2週間ぐらいで、芯も取れるというものです。

それでも改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科でも、薬で皮膚を柔らかくして、
魚の目を除去することを行います。

薬剤で取りきれない場合は、レーザーやメスを用いて取り除きます。

 

魚の目は薬で治る?魚の目に効く薬は?

魚の目は、まだ小さいものであれば、薬で治すこともできます。

放っておかず、早めにケアをするようにしましょう。

魚の目の治療薬は、固くなってしまった皮膚を柔らかくして
取り除くというものです。


皮膚を柔らかくするには、
サルチル酸が配合された薬を使うものが多いです。

サルチル酸は、皮膚を柔らかくして、
硬い部分を溶かし、剥がしてくれます。

また、乳酸は角質を柔らかく、
剥がしやすくする他、皮膚の再生作用もあります。

ニチバンから出ている「スピール膏」という製品は、絆創膏タイプのものですが、
愛用者が多い商品です。

スポンサーリンク