犬の病気の中で、脅威となっているフィラリア。

一度かかってしまうと、
完全に治すのは難しいといわれている病気です。

N825_lalaponcyan500

フィラリアにかからないためには、
きちんと対策が必要です。

大事な犬をフィラリアから守ってあげるのは、飼い主の責任です。

フィラリアとは?

フィラリアは、体に寄生して、
様々な病気を引き起こす寄生虫です。

犬糸状虫と呼ばれ、その名の通り、
フィラリアの成虫は、糸のような形をしています。

フィラリアに感染した犬や猫の血を吸った蚊に刺されることで、感染してしまいます。

感染するとミクロフィラリアと呼ばれる、
フィラリアの赤ちゃんが血液に溶け込み成長します。

成虫になると肺動脈、右心室、右心房に寄生して、
心臓病や肝臓病、腎臓病などを引き起こします。

スポンサーリンク


フィラリアの症状は?

感染してすぐのミクロフィラリアから成長する過程では、
ほとんど症状がありません。

感染後数年経ってから、初めて症状が出てくることが多いです。

症状が出る時には、病気が進行して、
心臓、肝臓、腎臓、肺に大きなダメージを受けています。

フィラリアにかかった犬の症状

  • 咳をするようになる
  • 元気がなくなる
  • 食欲がない
  • 散歩を嫌がるようになる
  • 吐く
  • お腹がふくれる(腹水がたまる)
  • 赤いおしっこをする

フィラリアを予防するには?

フィラリアの予防をするには、蚊にさされないようにしましょう。

かかっても症状がでないことがあるので、
抗原検査を定期的に行いましょう。


フィラリアの予防薬を与えましょう。

食べやすいように、餌になっているタイプや注射などがあります。

予防薬は継続して与えないと効果がありません。

一回の食べ忘れで、感染してしまう例もあります。

 

フィラリアの検査方法は?

フィラリアの検査方法は、
血液を採取しての検査となります。

ミクロフィラリアの有無を調べるには、
いくつかの検査方法があります。

感染があっても血中にミクロフィラリアがないと出ることもあります。
(オカルト感染とよばれます)

寄生にもいくつかのタイプがあるため、
単一な検査では発見されないことがあります。

 

フィラリアの治療方法は?

フィラリアに感染し、発症してしまった場合は、
元気な元の姿に戻るのは難しいといわれています。

助からないケースも多くあります。

検査や治療費用もたくさんかかるので、
きちんとした予防を行うことが大切です。

治療はステロイド剤や気管支拡張剤の投与などで炎症を和らげます。

成虫駆除剤を使うこともあります。

入院をして、寄生虫の摘出手術をすることもあります。

 

フィラリアは人に感染する?

フィラリアは犬から人へ直接感染することはありません。

また、人から人へ感染することもありません。

蚊が媒介することによって感染します。

フィラリアの種類によっては、ごくまれにですが、
人への感染が起こったケースもあります。
(バンクロフト糸状虫)

足、腕、胸、陰茎、陰嚢などが腫れあがり、
咳や発熱がおこることもあります。

感染したら、駆虫薬を服用するか、
寄生虫を摘出する手術が行われる場合もあります。

人間の場合は予防薬はありません。

蚊に刺されないよう対策をします。
発症がある地域へ行く場合は、十分気をつけましょう。


発症が確認された地域は、
  • 南のアフリカ
  • エジプト
  • 南アジア
  • 西太平洋の島々、
  • ブラジル
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ドミニカ共和国北東の海岸
となっています。

スポンサーリンク