パソコンのタイピングが早く、正確に打てれば、
仕事の能率もグンとアップします。

a0002_hi00021

タイピングの練習は、もちろん何度も練習をすることに尽きますが、
どのようにしたら、効率的に上達するのでしょうか。

パソコンでタイピング練習の第一歩は何をするといいのでしょうか。

手元を見ながらタイピングする癖をどうすれば直せるでしょうか。

スポンサーリンク


タイピングの練習をすればだれでも上達できる?

タイピングの練習は、何度もすればもちろん上達します。

指がキーボードの文字を覚えるように、何度も練習をします。

キーボードの位置を感覚で覚えなければ、
いつまでもキーボードを見て
文字を探しながら打たなくてはいけません。

キーボードで文字を探しながらでは、
時間がとてもかかってしまいます。

文字の位置を指に覚えさせることが、練習のポイントです。

 

タイピングの練習をどのようにすればいいの?

タイピングの練習の効果的な方法は、
まず基本の指に、両指の10本の指をきちんと置きます。

左手の人差し指を置くfのキーボードと、
右手の人差し指を置くjのキーボードには、
ちょっと出っ張りがあります。

これは「ホームポジジョン」と呼ばれます。

最初はこの出っ張りが人差し指に触るかどうかを、
確認しながら動かします。

左手の指はasdfに、右手の指はjkl;のキーボードに置きます。

指はいつも、ここに戻るように意識をして打ちます。

最初はゆっくり、指が違うキーボードを
押さないように気をつけて打ちます。

キーボードは、ピアノと一緒で、
叩く指がそれぞれ決まっています。

最初にこの基本をきちんと覚えないと、
後でタイピングに差が出てきてしまいます。

基本は面倒でも、きちんと指で覚えるようにしましょう。

 

ホームポジションや指の配置はどうすれば覚えられる?

まずホームポジションがずれないように、しっかり指を置きます。

そこから、人差し指を上下に動かしたり、
左右に動かしたりします。

指の配置は、練習あるのみですが、
タイピング用のソフトを利用するとより効果的です。

音楽に合わせて、リズミカルに打つと、覚えやすいとも言われています。

視覚と音にあわせて、地道に練習しましょう。

打つときには、鍵盤をなるべく見ないで、画面を見るようにします。

 

手元を見ながらタイピングする癖をどうすれば直せる?

手元をつい見てしまう人には、
ホームキーを徹底的に覚えさせるソフトなどを使ってみましょう。

画面にどの指で打つのか、どう動かすと打てるのか、
表示されるものもあります。

それにあわせて、指を動かして、何度も練習をしましょう。

また、早く打たないと、ペナルティになるものなどもあるので、
画面を確認している時間はありません。

間違えたものは、何度も練習を繰り返します。

タイピングは、一度間違えて覚えてしまうと、後で直すのが大変です。

決められた指で、確実に打てるように、頑張って練習をしましょう。

スポンサーリンク