ベヒシュタインのピアノと言えば、世界の3大ピアノメーカーのひとつ。

a1180_001257

3大メーカーは

スタインウェイ
ベーゼンドルファー
ベヒシュタイン

と言われています。

日本では希少価値ですが、ファンも多いベヒシュタインとはどんなピアノなのでしょう。

スポンサーリンク


ベヒシュタインとは?

ベヒシュタイン(BECHSTEIN)は、ドイツのベルリンに本社があるピアノ製造会社です。

設立は1853年、創立者はカール・ベヒシュタイン。

ドビッシー、ワーグナー、リストという、
ヨーロッパの偉大な作曲家に愛されたピアノです。

また、クラッシックだけではなく、現代ではジャズでも愛好家が多いピアノです。

グランドピアノとアップライトピアノがあります。

ベヒシュタインブランドは3つあり、

C.BECHSTEIN

C.BECHSTEINとピアノに刻まれているのはコンサートシリーズです。
コンサートホールなどに使われます。

BECHSTEIN

アカデミーシリーズと呼ばれる、C.BECHSTEINのセカンドブランドになります。

W.HOFMANN

ホフマントラディッショナルは、家庭での練習用にお勧めなシリーズです。

ベヒシュタインの特徴は?

フォルテでは、独特の存在感、
ピアニッシモでは優しく耳馴染みのいい音。

金属的ではなく、豊かな音の広がりを感じることができます。

連打をしても、音がこもらない、弾く人の技術を包み隠さず表してくれる。

また、オーケストラの中で、ピアノソロなどを引いても、印象的な存在感を残します。

透明感があり、低音、中音、高音それぞれバランスが良く、和音を奏でます。

ヨーロッパのピアノらしい、甘い音色で、
叙情的な曲をより美しく演出してくれます。

キー反応が素早く、クリアなことで、ファンも多いです。


ベヒシュタインの価格は?

ベヒシュタインの、日本での販売代理店での販売価格です。

C.BECHSTEIN

アップライトピアノ 約200,000¥-500,000¥

グランドピアノ 約800,000¥-1,100,000¥

BECHSTEIN

アップライトピアノ 約160,000¥-230,000¥

グランドピアノ 約400,000¥-700,000¥

W.HOFMANN

アップライトピアノ 約120,000¥-160,000¥

グランドピアノ 約270,000¥-410,000¥

ベヒシュタイン中古ピアノの買取、販売もあります。

 

他のピアノとの比較は?

日本でよく使用されるピアノメーカーは、
もちろん日本製のYAMAHAになります。

コンサートホールなどでは、スタインウェイを置いてあるところが多いです。

日本でベヒシュタインは、ヤマハやスタンウェイのよう普及はしていません。

ですが、日本でも昔から音楽家や音楽を目指す人たちから、根強い人気のあるピアノです。

ベーゼンドルファーは、
音に丸みと重厚感があるので、
オーケストラなどに向いています。

軽いタッチの曲でしたら、スタインウェイ。

ベヒシュタインは、音の透明感と、強く印象的な響き、
連打した時の音の反応の良さが特徴です。

クリアで耳残りの良い音を好む方にお勧めです。

 

スポンサーリンク