誤嚥(ごえん)とは、食べ物や飲み物などを
正常に飲み込むことができず気管に入ってしまうことです。

015180

器官に入ってしまったものが肺炎をおこすことがあります。

スポンサーリンク


誤嚥性肺炎とは?

嚥【音読み:えん、訓読み:の(む)】というのは、
「飲む」とか「のど」という意味があります。

嚥下(えんげ)というのは、食べ物や飲み物を口に入れて、
咀嚼(そしゃく)し、口の中から咽頭(いんとう)へと移動させます。

咽頭から、食道に、食道から胃に
食べ物や飲み物が移動していくという、一連の流れのことです。

これが、間違って気道に入ってしまうこと誤嚥(ごえん)といいます。

通常、食べ物が気管にはいると、むせたりして、異物を吐き出させようとします。

ですが、すべての誤嚥がそうだとは限らないのです。

自覚症状がないまま、誤嚥で気道に食べ物や飲み物が入ってしまうと、
肺炎を引き起こすことがあります。

特に高齢者は、のど周辺の筋肉や機能が加齢により衰えています。

誤嚥により肺炎になってしまうこともありますので
十分注意が必要です。

誤嚥性肺炎の症状は?

咀嚼能力の低下により、誤嚥が起こる場合には、
最初にいくつか症状がでてきます。

良く噛まなくてはいけないものを避けるようになったり、
口から食べ物がこぼれてしまったり、
食事の量が少なくなったりなどの症状が現れます。

それがさらに進行すると、気管に入った食べ物などが肺に入り、
誤嚥性肺炎をおこします。

誤嚥性肺炎を起こしているときの症状
  • 食事中によくむせるようになる
  • 普段、急にむせて、苦しそうな変な咳をするようになる
  • 夜中に咳き込むようになる
  • 食事の後、声ががらがらになったり、かすれたりする
  • 発熱
  • 黄色い痰が出る
他にも、食べ物がのどに詰まって窒息したり
うまく食べられない、飲めないため
栄養失調、体重が減る、水が飲みにくくなり
脱水などの症状もきをつけなくてはなりません。

子供も、嚥下する力が未熟のため、
誤嚥性肺炎を起こすケースがあります。

風邪をひいているわけでもないのに、
急に咳込んで止まらなくなったり、
発熱がある場合には、嚥下性肺炎を起こしているかもしれません。

誤嚥性肺炎の治療法は?

誤嚥性肺炎かどうかを調べる方法は、聴診器で肺の音を聞きます。

雑肺音などが聞こえるようになります。

胸部X線検査で、肺の状態と、気道に異物があるか確認することもあります。

異物がある場合は、内視鏡で異物を取り除きます。

その後、肺炎の原因となっている細菌を除去します。

抗生物質の投与が行われます。

原因となる細菌は、嫌気性菌と呼ばれるものが、ほとんどとなります。

肺炎の原因となる細菌を殺す抗菌薬で治療を行います。

ですが、肺炎が治ったとしても、
また同じように誤嚥性肺炎を起こす可能性はあります。

何度も肺炎を繰り返すと、抗生物質が効きにくくなるということもあります。

誤嚥性肺炎の予防法は?

誤嚥性肺炎の予防や、再発をしないためにすることは、
  • 口腔内を清潔に保つ
  • 誤嚥しづらい体勢をとる
  • 嚥下機能を改善するための薬の投与
などが行われます。

口腔内のケアとトレーニング

加齢により唾液の分泌が少なくなり、口内の働きが悪くなります。

口内を清潔に保つと、唾液の量も増えて、誤嚥を減らすことができます。

また、腹式呼吸で、深い呼吸を心がけるようにしたり
発声をすることで口内器官を強化します。

舌を出したり、引っ込めたり、口の開閉や、ふくらませたり、
へこませたりする筋肉運動も助けになります。

誤嚥しづらい体勢をとる

口、首が緊張すると、咀嚼しにくくなりますので
緊張をしないよう、エクササイズをします。

首を左右、前後にゆっくり傾けたりして、緊張をほぐします。

食事の時には、姿勢を良くして、ゆっくり食べるようにします。

食べ物は小さく切り、口の中に少しずつ入れて、よく噛むようにします。

ちゃんと飲み込めてから、次の食べ物を口に運びます。

スポンサーリンク