お酒を飲んだ後、アルコールを分解するために、肝臓が働きます。

週に2日程度、お酒をお休みして、
肝臓を休めないと負担がかかりすぎて病気になってしまいます。

PP_bear500

肝硬変、脂肪肝、高血圧など、
恐い病気にならないように休肝日は必要です。

スポンサーリンク


休肝日は効果がある?γGPTの数値は下がる?

普段毎日お酒を飲まない人には、特別休肝日をとる必要はありません。

毎日お酒を飲む人で、お酒の摂取量が多い人にとっては、
休肝日は効果があります。


お酒を休む日を作ることは、アルコール依存症の予防にもなります。

できれば週に1度ではなく、週に2日続けて取ると良いです。

休肝日の2日間にお酒が飲みたくてガマンできない!
という症状が出たら、アルコール依存症かもしれません。

健康診断などで、γGPTが高く、アルコール摂取について注意を受けた場合は、
医師の指示に従うといいでしょう。。

γGPTの数値が高くなる原因は、肝臓の病気によって起こっていることもありますが、
それ以外の場合は、飲酒が原因になっていることが多いです。

お酒をやめると、一週間ぐらいで数値が下がってきます。
スポンサーリンク

休肝日はそもそも必要なの?

お酒を適量たしなむ分には、問題はありません。

日本酒なら、1-2合
ビールなら中瓶1-2本
500mlの缶ビール2本程度までなら
体に負担はかからない適量と言えます。

ですが、飲み始めると、付き合いなどもあったりして、
なかなか量を厳守することは難しいです。

それだったら、お酒をお休みする日をつくれば、
肝臓も休むことができるということでできたのが休肝日です。


肝臓にも、アルコールの分解量に限界があります。
また、肝臓は悪くなっていても、
痛みや不調が現れにくい臓器であることも覚えておきましょう。

気がついた時には大病になっていた・・・なんてことにならないよう、
休肝日を設けることをお勧めします。

休肝日の効果的な作り方は?

手帳や携帯のスケジュール表に、
毎日の予定を書き込んでいると思います。

出かける約束のある日は、お酒が入る可能性があるかと思います。

予定がない日を週に2日間選んで、「休肝日」と書き込んでしまいましょう。

実行できた日、実行できなかった日なども、
書き込むと、後で反省ができて良いでしょう。

休肝日の日に家でだらだらしてると、
つい晩酌に手が伸びてしまうかもしれません。

何か予定を入れてしまうのも良いと思います。

スポーツジムで汗を流したり、
映画を観にいったり、ショッピングなどもいいですね。

達成できたらご褒美を作ったりなど、
工夫をすると楽しんで実行できるかもしれません。

お酒を飲みすぎない方法は?

適量がどれぐらいかわかっていても、
そんな量はすぐにオーバーしてしまいます。

飲みすぎないために、ちょっとした工夫で、
量を少なくすることができますので試してみてください。

食事をしっかり食べた後に飲む

空腹の時にお酒とおつまみからはじめてしまうと、
満腹になるまで食べたり飲んだりし続けてしまいます。

食事をした後だと、お腹もいっぱいのため、
量を多く摂る事はできません。

お酒とお酒の間に、お水を飲む

喉が渇いたときに、お水代わりに
お酒をぐいぐい行ってしまうと、すぐに適量越えに。

まずは乾杯で、お酒からはじめても、
2杯目はお水を飲んではどうでしょう。

お酒の買い置きはしない

家で飲む場合は、今日飲む分として、
適量範囲内の分のみお酒を買って帰ります。

買い置きはしないようにすれば、それ以上飲むこともありません。

関連記事:休肝日はほんとうに必要なの?お酒を適量内で収められるの?

スポンサーリンク