歯槽膿漏は、歯茎が出血したり、
腫れたり、膿んだりする歯茎の病気です。

関連記事:歯槽膿漏の症状とは?自覚症状はあるの?早い段階で気づくには?

歯周病と呼ばれていますが、
何と先人の80%以上の人が
歯茎の病気にかかっていると言われています。

OZP73_hagaitaidansei20130707500

歯槽膿漏の治し方はどのようにあうるのでしょうか。

歯槽膿漏は一度かかると治らないものなのでしょうか。

スポンサーリンク


歯医者では歯槽膿漏をどのように治療する?

歯周病の大半の原因である、歯垢(プラーク)は、
歯磨きを徹底したり、歯石を除去することで予防はできます。

ですが一度かかってしまうと、
細菌が自然に消滅するということはありません。


もちろん、口内衛生に注意を払うことは、
悪化させないために必要です。

歯が浮いたような感じがしたり、
歯がしみたりするようになると、
歯槽膿漏はかなり悪化をしている状態です。

こうなってくると治療や対策が必要になってきます。

まずは歯医者さんに行って、
自分の歯の状態をきちんと調べてもらいます。

そしてその原因と対策について、
指示されることになります。

歯医者さんでは、問診やレントゲンで、
状態を確認し、治療ができない場合は抜歯となります。

治療ができる場合は、原因を確認し、
細菌である場合は、菌を除去することをします。


薬を用いたり、歯茎の中にたまった歯石に場合は、歯茎を切って除去する場合もあります。

歯槽膿漏に効果のある薬は?

歯茎の腫れ、出血、痛みなどに効くという、
歯槽膿漏の薬も多く薬局で目にすることができます。

塗り薬タイプ、飲み薬タイプ(抗生物質)、マウスウォッシュのように
口に含ませて使う薬などがあります。


市販の薬の中では、
佐藤製薬の「アセス」シリーズなどが、良く知られています。

ドイツの歯肉炎、歯槽膿漏治療薬の
「PARODONTAX」を日本向けに開発した薬です。

天然ハーブを配合したマウスウォッシュ、
歯磨き粉、塗り薬などがあり、小児用の治療治療薬まででています。

歯周病の原菌には、300から400もの種類があります。

残念ながら、全ての原菌に効く薬はないようです。

市販の薬を使っても、効果がないという場合は、
一度歯医者さんで原因の検査をしてもらいましょう。

歯槽膿漏の治し方でしてはいけないことは?

歯槽膿漏の治し方でしてはいけないことは、
市販薬を複数使うのは良くありません。

いろんな種類の菌に対して効果があるようにと、
色々混ぜてしまっては逆に抵抗力が弱くなることがあります。

また、歯垢を除去するために、
ブラッシングをするときに強くしすぎて
逆に歯茎を傷つけてしまうことがあります。

歯間用ブラシなども、強くやりすぎないように、
気をつけましょう。

 

スポンサーリンク