歯槽膿漏は、以前は中年以上から
高齢の方の病気だと認識されていました。

それが、現在では若い人にとっても
身近に聞かれる病気となっています。

087350

静かに症状が進行するため、
自覚症状がないという人も多い病気です。

初期症状を知っておくことで、
早めに治療や対策をすれば、ひどくならずにすみます。

歯が丈夫でないと、おいしく食べることができず、食べる楽しみも半減してしまいます。

スポンサーリンク


歯槽膿漏とは?初期症状は?

歯槽膿漏とは、その字のごとく、
歯の周りから膿(うみ)がでてくる病気という意味です。

現在は、膿みが出る以外にも、複数の症状があることから、
「歯周病」と呼ばれるようになりました。

細菌により歯をささえている骨がとけてしまい、膿などが出てきます。

または、ごく一部の人は細菌ではなく、
歯のかみ合わせなどから起こる場合もあります。

これが口臭の原因になったり、
他の病気を引き起こすこともあります。

初期症状は歯茎がはれたり
歯磨きをすると血が出たりすることです。

特別痛みもないので、別にいいだろうとそのままにしてしまうと、
どんどん病気が進んでしまいます。

歯がぐらぐらして、おかしいなということで、
初めて気がつくということもあります。

歯茎がはれたり、しみたりすることがあれば、
初期症状かもしれません。

関連記事:歯槽膿漏の治し方は?一度かかると治らないの?進行を抑える方法は?

歯槽膿漏の原因は?

歯槽膿漏の原因は、歯と歯茎の間についた
歯垢(プラーク)や歯石からくることが多いです。

プラークとは、歯につく
白やうすい黄色のもので、たくさんの細菌を含んでいます。

粘着性のため、歯にしっかりとくっついてしまいます。

これを取るためには、毎日しっかりと歯磨きをすることです。

プラークが唾液と混ざると、石のように固くなります。

これは歯石とよばれるものです。

歯と歯肉の間を、しっかりと掃除しないために、
歯周ポケットと呼ばれるものができます。


そこに細菌がたまり、歯を支えている
土台の骨(歯槽骨)を溶かしていってしまうのです。

歯槽膿漏を予防するには?

歯槽膿漏を予防をするには、歯垢をきちんと落とすような歯磨きを、
毎日きちんと行うことが大切です。

歯間ブラシや糸ようじなども使って、歯垢を残さないようにしましょう。

できれば毎食後すぐに歯磨きをするととても効果的です。

また、どんなにきちんと歯磨きをしていても、
落としきれなかった歯垢が固まって、
石のようなものが歯につきます。

歯石には、外につくものと、
歯茎の中にできてしまうものがあります。

半年や1年毎など、定期的に歯医者さんなどで、
この歯石を取ることも大切です。

スポンサーリンク