水道水は全国共通ではなく、
地域によってかなり差があるということをご存知ですか?

同じ水道水なのに、味も違えば、
成分もかなりの違いがあります。

a0002_004826

どうして地方によって、
大きな違いが出てくるのでしょうか。

また、水道水はミネラルウォーターに比べて、
やはり水質は劣るのでしょうか?

スポンサーリンク


水道水の成分は地域によって違う?基準値は?

水道水に使用される水は、地域によって経路が違います。

川の水をろ過するところ、
地下水をくみ上げているところなど、様々です。

また浄水処理も、場所により消毒に使われる塩素の量なども変ってきます。

汚染が多い場所は、消毒量も多くなります。

このため、同じ水道水でも、地域によって、
味も臭いも、全く違うように感じられるのです。

同じ県内にあっても、水路が違うため、水道水の味が違うということもあります。

地下水をくみ上げているところは、
水道水であって汚染が少なく、おいしく飲めるところもあります。

水道水には、水道法による、水質基準が設けられており、定期的な検査が行われます。

飲み水として危険がないよう、
細菌や汚染物質が検出されないか、チェックをしています。

また、発ガン性物質として恐れられているトリハロメタン(有機物と塩素が反応してできる化合物)量も定められています。

水道水とミネラルウォーターとの違いは?

水道水は汚染物質が含まれるということで、
ミネラルウォーターを購入する人も多いでしょう。

ところで、ミネラルウォーターというのは、
どういう水のことなのでしょう。

自然の原水から汲んできたといったイメージがありますが、
原水はナチュラルウォーターと呼ばれます。

ミネラルウォーターは、地下水などの源泉のミネラル分を調節し、
添加や殺菌を行った水です。

ミネラル分とは、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムを指します。

水道水とは、成分も全く違いますし、
体に良さそうな印象を与えます。

ですが、ミネラルウォーターも数多く銘柄があり、
煮沸消毒を行いませんので、100%安全で安心とは言い切れません。

水道水を安全に飲むには?

水道水には、塩素で殺菌を行う際に発生する「トリハロメタン」や
同じく発がん性物質である「クロロフォルム」などが
多く含まれることが心配されます。

水道水に浄水器をつけている家庭も多くあります。

浄水器には、残留塩素、雑菌、鉛、総トリハロメタン他、有害物質を取り除く効果があります。

最近では、放射性物質除去を謳っている浄水器もあります。

「水道水を沸騰消毒すれば、カルキ(塩素)が抜ける」と言われますが、
沸点に達すれば滅菌できるというものではありません。

塩素を除去するには、沸騰してから20分程度やかんの蓋を開けて火にかけ続けなくてはいけません。

なかなか面倒な作業です。

 

スポンサーリンク