猫の習性のひとつである、爪とぎ。

一度お気に入りの場所を見つけると、こちらの気も知らず、
バリバリと爪とぎをし続けます。
PPU_nekononikukyu-500

壁や家具等ではなく、
ちゃんと爪とぎ用の場所でしてもらうには、どうしつけたらいいのでしょう。

スポンサーリンク


猫はなぜ爪とぎをするの?

猫が爪とぎをする理由には、いくつかあります。

その中でも一番の理由は古くなった爪の皮はがして、新しい爪にするお手入れです。

猫の爪は内側から、新しい爪が生えてきて、外側の表皮は古くなっていきます。

それを爪とぎによって、剥がしているのです。

爪とぎをするのは、前足だけで、後ろ足は歯ではがしています。

爪とぎをする姿勢ですが、全身を伸ばしてしています。

ですので、ストレッチも兼ねているのではないかと言われています。

また、同じ場所にこだわってするのには、マーキングをしていると言われています。

猫の肉球には臭腺があり、爪とぎをしながらマーキングもしているのです。

ということで、爪とぎにはナワバリの主張という意味もあります。

他にもストレス解消や、飼い主の気を引きたい時にも、爪とぎをして主張をしています。

猫の爪とぎを防止して壁を傷つけないようにする方法は?

猫の爪とぎをやめさせることはできません。

また、気に入った場所を見つけると、同じ場所でずっとします。

ですので、爪とぎをしたら困る場所ではさせないように、工夫をしましょう。

猫が爪とぎをする場所には、一定の条件があります。

背伸びをして、全身が伸びる高さがある。

程よくひっかかりがある。

家の中の目立つ場所にある。

爪とぎの時、安定感がある。

もしいつも壁にするということであれば、その壁の前に椅子を置いたり、
植木を置いたりして、近づけないようにしましょう。

その代わりに、猫が爪とぎをしやすい場所を、作ってあげましょう。

市販の爪とぎ用グッズを用意したり、古くなった布やカーペットを
巻いたものを固定してあげます。

定期的に爪切りをしてあげると、
爪とぎをされても鋭利な爪でないため、傷になりにくいです。

どうしてもして欲しくない場所にするときは、猫が嫌いな臭いを出す忌避剤もあります。

爪とぎのしつけはどうのようにするの?

猫の躾は、犬のように叱ったりしても、あまり効果がないことも多いです。

飼い主が恐い顔をしても、あんまり気にしない。

それよりも、自分の快適さが大切。

まさに、「猫気質」ですね。

ですので、爪とぎを困った場所でされる場合は、別の場所や別のものを提供します。

猫自信が「こっちのほうが好き」と思わせるように、工夫をします。

無理にその場所から引き剥がしたりしないようにします。

爪とぎをする場所に、爪とぎ用グッズを固定してみてください。

気に入れば、そこで爪とぎをするようになります。

スポンサーリンク