親御さんを亡くして、心を痛めている友人を、なんとか励ましたい。

支えてあげたい・・・と思っても、なんと言っていいのかわかりません。

a0960_002627

お葬式や、お通夜で、どんな言葉をかけてあげるといいのでしょう。

適切な言葉や、言ってはいけない言葉などはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


友達の親が亡くなったを知った時どんな言葉をかけるといい?

親を亡くして、悲しみにくれていたり、茫然自失の状態かもしれません。

友達には、気を使ったりする余裕もないでしょう。

「こんな言葉をかけたら、こう思ってくれるだろう」というような、
言葉をかけてあげても、相手の反応については、期待してはいけません。

また、刺激したり、悲しみが増すような言葉も避けましょう。

「大変だったね」

「つらかったね」

という、相手の気持ちに沿った言葉で、十分です。

「突然のことで」

というのも、こちらの素直な気持ちです。

「力になれることがあれば言ってね」

「体こわさないようにね」

など、相手を気遣う言葉も良いでしょう。

言ってはいけない言葉は、まずは「忌み言葉」です。

「重ね重ね」「くれぐれ」「たびたび」「ますます」

「いよいよ」「重々」「それぞれ」「繰り返し」

「ふたたび」「かえすがえす」などは使わないようにしましょう。

また、忌み言葉ではありませんが、

「まだ若いのに、残念」

「浮かばれない」

と言う言葉は、言ってはいけません。

相手の悲しみが増すだけです。

友達を慰めるためにどんなことができる?

友達が、本当に助けが必要になるのは、お葬式やお通夜などが終わった後。

それまでは、やらなければいけないことのほうが多く、気が張っている状態でしょう。

それらのことが終わると、ひしひしの亡くなった人のことが思い出されてきます。

寂しさがじわじわとやってきます。

そういう時に、

「どうせ自分は他人だし、何もできない」

と思うかもしれません。

実際には、何もできることはないのかもしれません。

ですが、誰かが自分を心配してくれるというのは、
こういった時期には心強いものです。

特に何かをしてあげようと、頑張る必要はありません。

ただ、声をかけたり、一緒に過ごしたりだけでもいいでしょう。

無理に親御さんの話しを聞く必要もないでしょう。

でも、友達が、亡くなった親御さんのことを話したいようだったら、
とことん聞いてあげましょう。

何かしてあげたい、支えに少しでもなりたい。

そういう気持ちは、きっと相手に伝わると思います。

大切な人を亡くして、喪失感にさいなまれているとき。

誰かがそばにいてくれることは、とてもありがたいことです。

自分がまだ、親をなくした経験がないとしても、
大切な人を亡くしたときには、きっとそのありがたさがわかると思います。

スポンサーリンク