自分に口臭があるかどうかは、なかなか気づきにくいものです。

もし口臭があったとしても、人に言ってもらえることもないでしょう。
a0002_004131

ですので、自分には口臭があるのではないか?

と、疑って、普段から口内を清潔にするようにちょっと努力をしてみましょう。

スポンサーリンク


自分で口臭は確認できる?どんな方法がある?

自分に口臭があるのではないか・・・?

そう思うと、積極的に人と会話をしたりすることができなくなってしまいます。

仕事上や、友人関係にも、影を落とす可能性があるかもしれません。

口臭があるかどうかを、確かめる方法がいくつかあります。

ただ、自分に口臭があるということを知るのは、ちょっとショックですよね。

もし口臭があるということがわかっても、ケアする方法はあります。

ですので、チェックの前には、まず心の準備をします。

身近な方法としては、自分の手の平をなめて、乾燥させます。

乾燥させたあと、匂いをかいでみて、匂いがある場合は、口臭があると疑います。

コップやビニール袋の中に息を吐いて、一度ふたをします。

一呼吸おいてから、ふたをとって、匂いをかいでみます。

口臭チェッカーを使えば、口臭の強さまで判断することができます。

スポンサーリンク

口臭が確認されたらどうしたらいい?口臭の原因を知ろう

口臭が自分で確認できた場合は、口臭ケアをしましょう。

まずは口内を清潔に保つことが、口臭を減らすことになります。

食事のあとには、細菌がはびこらないように、すぐに歯磨きを習慣にします。

食事の時は、よく噛んでたべると、唾液の分泌が良くなります。

ガムをかむことも、唾液の分泌を促します。

水分を良くとるようにしたり、お風呂にゆっくり浸かることも良いです。

口臭をおさえる飴や、マウスウォッシュ、錠剤なども市販されています。

口臭の原因はいくつかあるので、口臭の起こる原因を考えてケアすることが大切です。

1.舌の汚れによる口臭

鏡に向かって舌を出してみた時、舌に白かったり黄色いカスがついていませんか?

これは舌についた汚れで「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。

舌苔は、舌の付着した細菌です。

食べ物のカスや、細胞が剥がれ落ちたものが、付着したものです。

これが口臭の原因になっていることがあります。

とはいえ、少し舌が白っぽいという状態は、正常な状態です。

気になったら舌を上あごにこすり付けてみましょう。

これで舌苔がとれます。

もしくは、舌苔用のブラシを使い、お掃除をします。

歯ブラシでゴシゴシこすったりしないようにしましょう。

2.虫歯など、歯のトラブルが原因の場合

虫歯だったり、歯茎が膿んでいる場合に、口臭を伴うことがあります。

歯間ブラシなどを使った後、ブラシが匂うという場合は口臭があります。

原因となっている歯を治療するようにします。

歯の膿みは、歯槽膿漏などが原因となることが多いです。

歯磨きのときには、歯周ポケットのお掃除も念入りにします。

3.食べ物や喫煙による場合

匂いのきついたべもの(にんにくなど)を食べたり、キツイ香辛料をとると、口臭がします。

これは、その食べ物を食べ過ぎない、調理の仕方を変えるなどで対処ができます。

4.その他の原因

朝一番に、口臭を感じることがあると思います。

これは寝ている間、口内が乾燥したために感じるものです。

普段あまり水分をとらなかったり、唾液の分泌が少ない場合は、口臭に繋がることがあります。

またストレスや、その他の内臓など他の病気によって、口臭がおこることもあります。

スポンサーリンク