汗っかきの赤ちゃんは、あせもになりやすいです。

夏場はもちろん、最近は冬にもあせもに悩まされることがあります。

泣いている赤ちゃん

あせもになると、なかなか治りにくいですし、痒くて可哀想です。

あせもにならないよう、予防をするのが一番です。

スポンサーリンク


幼児のあせも対策はどうしたらいいの?服装や温度調節は?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、汗を良くかきます。

汗をかいたままにしておくと、あせもができてしまいます。

あせもは、汗の出る汗腺が詰まってしまい、炎症をおこした状態のことを言います。

汗をかくことで、体温をさげたりと温度調節をしているため、
汗をかかないようにするというのも良くありません。

子供の時に、ちゃんと汗をかかないと、
大人になってから体温調整が上手に出来ない体になるという説もあります。

エアコンをずっとつけていれば、汗をかかなくていいと思われますが、
あまり低い温度にしていると、暑さに対応できない体になってしまいます。


夏場でも28度ぐらいまでにしておくと良いでしょう。

汗をかいたあとは、こまめに拭いたり、きがえさせたり、シャワーをあびさせます。

肌をいつも清潔にしていれば、あせもになることは少なくなります。

大人がちょうどいいと思うよりも、服は一枚少なくしましょう。

冬場にもあせもができる場合は、着せすぎです。

服装は風通しがよく、汗を吸い取りやすいものを選びましょう。

外出するときには、着替えを持っていくのもいいです。

おむつをしていると、余計にむれやすいので、長いズボンやつなぎのような服は避けましょう。

もちろん、おむつもマメに変えてあげましょう。

夜寝るときの扇風機の使い方は?汗のふき方は?

夜寝るときも、あまり暑すぎる場合は、エアコンをつけても良いでしょう。

冷やしすぎないようにすることと、自動で切れるようにタイマー設定も使います。

扇風機をつけて寝るときは、風は直接当てないようにします。

壁に向けたり、天井に向けたりして使うようにします。

寝ている時は、背中に汗がたまりやすいので、背中のあせもに気をつけます。

タオルを下に敷いたりすれば、汗を吸い取ってくれます。

タオルの下にアイスノンを入れて冷やすという手もあります。

頭皮も汗をかきやすいので、良く洗ってあげるようにします。

汗をかいている時は、固く絞ったタオルやガーゼで拭いてあげましょう。

寝苦しいときも、絞ったガーゼで拭いてあげると、涼しくなるようです。

あせもができてしまったら?薬、ベビーパウダーはどう使う?

あせもができてしまった場合は、清潔にするようにします。

痒がっているときは薬を使ってもいいでしょう。

あせもの薬には、色々な種類があります。

軟膏や、パウダー、クリームなど、子供用のものを使うと肌に優しいです。

あせもには、ベビーパウダーが良いと思われていますが、正しくは「あせも予防」になります。

あせもができてしまってから、パウダーを上塗りすると、あせもが逆に治りにくくなります。

汗のかきやすいところに、ベビーパウダーをはたきます。

汗をかいたあと、パウダーが汗を吸収するので肌のサラサラが持続します。

スポンサーリンク