地域によって、都市ガスが供給されていなかったり、
賃貸でプロパンガスを使っているところがあります。

プロパンガスの栓

都市ガスに比べて、プロパンガスは高く、値段も一律ではありません。

プロパンガスを使わなくてはいけない場合、どうやってガス代を節約をしたらいいのでしょう。

スポンサーリンク


プロパンガスの節約方法は?

以前都市ガスを使っていた人が、プロパンガスを使うところに引っ越した後、
ガス代が高くてビックリしたという話しを聞きます。

ガス代がかかるものには調理、給湯、暖房などがあります。

冬場は暖房や、お湯を使う機会が増えるので、更にガス代がアップします。

ガス代がかさむものには、お風呂やシャワーがあります。

お風呂を何度も暖めなおしたりすると、そのたびにガス代がかさみます。

家族で使う場合は、なるべく同じ時間帯に入ります。

また、シャワーを使うとまたガス代がかかってしまいます。

湯船の中のお湯を使って、シャンプーや石鹸を洗い流すと、節約になります。

調理に使う場合も、長時間煮込む料理などは、圧力鍋や保温鍋を使うという方法もあります。

もしくは炊飯器や、電子レンジなどをうまく活用する方法もあります。

冬場は、ストーブの上でお湯を沸かしたり、鍋を置いたりすれば一石二鳥です。

洗い物も、ストーブの上で沸かしたお湯をたらいに入れて、
水でちょうどいい温度にして、使うといいです。

IHコンロや電気調理器具を使ったほうが、プロパンガスよりも安くなりそうです。

家でよく料理をするようでしたら、IHコンロも検討しても良いでしょう。

プロパンガスは都市ガスと比べてなぜ高いの?

都市ガスは国が価格を設定して、どこで使用しても一律料金になっています。

プロパンガスについては、規定料金がなく、ガス屋さんによって料金はまちまちです。

都市ガスと比べて、プロパンガスの値段が、2倍、3倍するなんていうこともあります。

プロパンガスの値段は、ガス屋さんにより高いところ、安いところ、様々です。

プロパンガスを入れる時、まずはネットなどで料金を調べて交渉してみましょう。

何軒かのガス屋さんに値段を聞いてみても、いいかもしれません。

ガス会社は切り替えられる?

アパートなどの集合住宅でプロパンガスを使っている場合は、業者の選択はできません。

そのアパートの使っているガス会社の料金を、払うしかありません。

ですので、アパートを探している時点で、プロパンガスの値段を確認してみましょう。

あまりに高い場合は、ガス代が思った以上にかかることを覚悟しなくてはなりません。

個人宅で使う場合には、ガス会社の切り替えはできます。

いくつかの会社に聞いて見て、安いところを選ぶか、
信用できそうな会社で、料金交渉を行えば良いでしょう。

スポンサーリンク