お役所関係の書類や、契約書や履歴書などで見る「続柄」という言葉。

その文字の通り、自分と誰かの関係を表す言葉です。

親族に限り、続柄は用いられますが、どのように記載するのか、毎回悩んでしまいます。

a1180_011562

三等親ぐらいになってくると、何が何だか・・・と戸惑う人も多いようです。

スポンサーリンク


続柄正しい読み方は?

書類上では良く見かけますが、会話の中ではあまり出てこない言葉です。

「つづきがら」か、「ぞくがら」か?

どっちが正しい読み方なのか、わからないという人もいると思います。

正しい読み方は「つづきがら」のようです。

ただし「ぞくがら」と読む人も多いことから、ぞくがらでも良いとされています。

ですが、正しい読み方は「つづきがら」になります。

言葉に出すときは「つづきがら」にしたほうが、正しいということになります。

続柄の書き方を迷うのはどのような場合?

続柄の書き方で迷うのは「誰から見て、どんな関係」に当たるかというところだと思います。

その書類を提出する人から見て、どんな関係にあるかという目線で書きます。

一等親の場合は「父」「母」「娘」「息子」のいずれかになります。

二等親の場合は「兄」「姉」「妹」「弟」「祖父」「祖母」「孫」のいずれかになります。

戸籍簿や住民票などの場合は、世帯主が中心として続柄が書かれています。

続柄の書き方でありがちなミスは?

上記でも触れたように、誰が中心で、その人からみてどういう関係かが、分からなくなっている場合。

その他には、血の繋がった親族以外の人の場合です。

子供の配偶者、兄弟の配偶者は、どのような関係になるのかなど、
義理の家族の場合は、どういう続柄になるのかを、きちんと把握してから書きましょう。

また、「おじ」と「おば」を書くときには、続柄により漢字が違うので注意します。

「おじ(伯父または叔父」「おば(伯母または叔母)」と二つの漢字があります。

「伯父」は、自分のお父さんかお母さんのお兄さん。

「叔父」は、自分のお父さん、もしくはお母さんの弟のことになります。

「伯母」は、自分のお父さん、もしくはお母さんの姉妹。

「叔母」は、自分のお父さん、もしくはお母さんの姉妹のことになります。

続柄を正しく書くためにはどう考えればいい?

基本は、自分を中心とした関係を書くことが、基本になります。

申請者が中心になった見方をするだけなので、難しいことはありません。

続柄の中でも、血の繋がっていない人。

血が繋がっていても、三等親以上になってくると、複雑になってきます。

一度ネットなどで呼び名を調べて確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク