夏バテに一度なってしまうと、なかなか回復せずに、つらい思いをします。

食べなきゃ元気にならないとわかっていても、食欲がない。

水分ばかり摂ってしまい、さらに疲労感や不眠などでぐったりしてしまう。

悪循環に陥らないよう、夏バテに効くものを食べて、元気になりましょう。

スポンサーリンク


夏バテとは?どんな症状?

高温度や湿度が高いなど、暑さのために食欲が落ちてしまいます。

また冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎで、内臓の働きが低下してしまう。

さらに、エアコンの効いた室内にいると、体が冷え切ってしまう。

そういったものが原因で、疲労感や、無気力、食欲不振などに陥ってしまいます。

他にもめまいがしたり、体がむくんだり、お腹を壊しやすくなったりします。

一度夏バテになってしまうと、食べるのもつらい、何もしたくないという
状態になり、なかなか回復しなくなります。

夏バテの兆候が出てきたら、早めに夏バテ対策をしましょう。

夏バテに効く食材は?

夏バテに効く食材には、疲労回復をさせたり、食欲を増強させたり、
消化の良いもの、口当たりが良く食べやすいものがお勧めです。

「ビタミンB1」

疲労回復といえば、ビタミンB1を含むものを、たくさん食べましょう。

うなぎ、豚肉、たらこ、鯛、大豆、青海苔、玄米に多く含まれます。

「クエン酸」

疲労回復や、美容にも効果があります。

酸っぱいものに多く含まれています。

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、いちご、梅干し、お酢など。

「香辛料」

辛いものや、刺激のあるものには、食欲増進効果があります。

とうがらし、しょうが、ネギ、しそ、わさびなど。

「ムチン」

納豆や、オクラ、やまいもなどの、ネバネバした食べ物に含まれるムチン。

食欲がないときに、食べやすいことと、消化にも良いです。
a0002_010003

夏バテに効く料理は?外食では何を選べばいい?

夏バテの時には、油モノや、こってりしたものなどは、見るだけでも胸焼けしそうですね。

冷たいそうめんや、そばなどが、なんといっても食べやすいと思います。

薬味など、トッピングを加えれば、栄養もとることができます。

そばにも、ビタミンB1が含まれています。

とろろや、オクラ、たまごなどと一緒にたべると消化も良く食べれます。

夏バテといえば、やっぱりウナギですが、ちょっと高級品ですね。

サラダやマリネなどは、さっぱりしていて食べやすいのと、お酢が使われて
いるので、お勧めです。

冷奴も、大豆の栄養が摂れます。

夏バテに効く飲み物は?

夏バテの時に飲んではいけないのは、コーラなどの炭酸。

甘いジュースなどは、糖分が含まれるために、夏バテがひどくなります。

冷たいものを取りすぎると、胃腸も弱くなってしまいますので、
なるべく暖かいお茶などを飲むようにします。

夏バテに効く飲み物は、ずばり「甘酒」です。

栄養価が高く、体に浸透し、飲んだら元気になります。

スポンサーリンク