入院中にお見舞いをいただいた場合は、退院後お返しの贈り物をします。

「快気祝い」等の名前で、病気がなおったことのお祝いとして
贈りものをすることが一般的です。

病院

お見舞い返しを贈る際の決まりやマナーについて、まとめてみました。

入院のお見舞いへのお返しのマナーとは?亡くなった場合は?

スポンサーリンク



入金のお見舞いのお返しは、病気の治り具合により、若干お返しの名前も変ることがあります。

退院後にお返しをする場合は、「快気内祝い」または「快気祝い」となります。

これは、病気が治ったことをお祝いするという意味のものです。

退院をしても、まだ通院が必要な場合は、「退院内祝い」「お見舞い御礼」を使うこともあります。

お見舞いをいただいた後、不幸にして亡くなってしまわれた場合は、どうでしょうか。

その場合は、「お見舞い御礼」としてお返しすれば良いです。

また、お見舞いの他、お香典をいただいた場合には、香典返しに少し上乗せをしてお返しします。

お礼のお手紙を添えることを、忘れずにしましょう。

お見舞いのお返しはどんなものがいい?のしはどうしたらいい?

お見舞いのお返しの場合は、お金は贈らない方が良いとされています。

お金の他、商品券も失礼にあたります。

病気をまた繰り返さないというように縁起をかついで、消耗品を贈ることが良いとされています。

お菓子(クッキーなどの焼き菓子や和菓子)やお茶やコーヒー。

消耗品では、タオル、洗剤、石鹸などが良いとされています。

「食べてきれいに無くなる」。

「きれいに洗い流す」という意味が込められています。

お返しは、いただいた金額の2分の一か、3分の一ぐらいの金額で選びます。

贈り物にのしはつけます。

のし紙の水引きは、紅白5本結び切りのものを使います。

表書きについては、回復の度合いにより、「快気祝い」や「お見舞い御礼」などにします。

また、災害にあった方は、お見舞い返しをする必要はありません。

お礼の手紙のみ出すようにしましょう。

お見舞いのお返しの時期は?

お見舞いのお返しをする時期について。

「快気祝い」や「退院祝い」の場合は、退院後10日以内ぐらいには、相手に届くようにします。

退院をお知らせするお手紙も、この時期ぐらいまでに出すようにしましょう。

ただし、体調を考慮したり、相手との関係の深さなどにより、
完全に回復を待ってから、「全快祝い」という名前で贈っても良いでしょう。

スポンサーリンク