結婚を決めた後、両家の顔合わせとして、食事会を開くのが慣わしです。

食事をしながら、これから家族として付き合っていくための親睦を深め合います。

食事

初対面の場合は、緊張すると思いますが、段取りや挨拶など決めておくと安心です。

第一印象はとても大事ですので、食事場所や服装、手土産についても決めておきましょう。

スポンサーリンク


両家顔合わせの意味は?

結婚を前提とした挨拶と、親睦を深めることが目的です。

最近では結納をせず、食事会を結納の代わりにするスタイルが多くなっています。

和やかな時間を持てるように、新郎新婦は、色々と両親又は相手の両親への気遣いが必要になります。

食事会は、ホテルや料亭などの、個室を利用する方が多いですし、どちらかの家で行うこともあります。

お互いのことを良く知るための機会ですし、結婚式の内容等を相談する機会にもなります。

顔合わせの流れは?両家顔合わせの挨拶は何を言う?

顔合わせ当日の流れは、事前に新郎、新婦が決めておき新郎が中心に進行します。

座り順は上座から両家の父親、母親、本人という形で、両家が向かい合って座ります。

顔合わせには兄弟や祖父祖母が参加する場合もあります。

1.新郎、新婦からの挨拶

はじめに新郎から、挨拶と、会をもてた事のお礼を簡単に述べます。

新婦からも、お礼の言葉を述べます。

2.自己紹介

その後は、それぞれ本人から自己紹介をします。

お婿さん、お嫁さんを迎えるにあたっての嬉しい気持ちを述べたり、
これからよろしくという挨拶などを交えながら挨拶をしましょう。

3.結婚記念品の交換

婚約指輪などが多いと思いますが、他のペアの記念品などでも良いでしょう。

4.全員揃っての記念撮影

5.乾杯

6.食事と歓談

7.最後の挨拶

今日来てもらったお礼と、これからもよろしくお願いしますということを述べます。

顔合わせを成功させるための計画の立て方は?

顔合わせをすることが決まったら、まずは日にちと場所を決めます。

両家の顔合わせは、結婚前遅くても3ヶ月前にはしたほうが良いでしょう。

レストランを予約する場合にも、すぐに取れないことがありますので、
半年前には計画をしたほうが良さそうです。

場所については、実家同士が遠い場合は、女性の地元のほうに行くことが多いです。

お互いの負担についても、話し合って決めておきましょう。

服装については、ある程度フォーマルなものが良いですが、どのくらいきちんとしたものにするか。

写真撮影もありますので、バランスを考えておくといいです。

手土産は、地元のお菓子や、果物などが良いです。

食事中は、お酒を飲みすぎないように気をつけましょう。

また、しーんとなってしまわないように、相手の趣味なども調べておくといいでしょう。

病気や、宗教、政治の話は避けるようにします。

スポンサーリンク