狭い部屋でも、圧迫感がなく、広々とオシャレに見せる方法があります。

色彩や家具の配置、収納を工夫してみましょう。

キッチン

どうしてこんなに広く暮らせるの?

というように、不思議に思われる快適空間を作り出せます。

スポンサーリンク


狭い部屋の収納のコツとは?収納がない場合は?

狭い部屋の収納のコツを覚えておくと、少ないスペースでも有効に使えます。

100均ショップで売っている物を使って、低コストでも収納スペースを作れます。

狭い部屋の収納の場合、普段使わない場所や、目に付かない場所を収納スペースにします。

またベッドやソファーなどの家具を選ぶ時に、
足の部分が引き出しになっているなど
収納がついているものを選ぶようにします。


椅子なども、収納できるタイプのものがあります。

部屋の装飾は、白がお勧めです。

視覚で、広々として見える効果があります。

また、家具は、壁側にくっつけて置き、中央を広くスペースを取ります。

真ん中のスペースは物をおかず、散らからないように片付けておきます。

こうしておくと、部屋が広く見える効果があります。

また、当たり前ですが、物を必要以上に増やさないようにします。

新しいものを買うときには、古いものを処分するなど、物を増やさない癖をつけます。

狭い部屋でも広く使うには?

狭い部屋でも上手に収納するには、突っ張り棒やラックやフックを組み合わせて
物を置く場所を作ると、収納アップします。

衣服の収納

衣服を収納するクローゼットですが、下に開いたスペースがあれば、突っ張り棒で
もう1、2段収納スペースを作ることができます。

また両端にフックをつけて、バッグ類やストールなどを掛ける場所も作れます。

冬物の服はかさばるので、圧縮袋なども上手に使うと、コンパクトに収納できます。

キッチンの収納

シンクの下も、収納スペースになっているところが多いと思います。

小鍋やフライパンなどは、そのまま置いておくと、場所を取ります。

突っ張り棒とフックで壁に掛けてしまうのも手です。

お玉や、フライ返しなども吊るしておくと、使いやすいです。

シンクの下に食器類を収納すれば、台所もすっきりします。

整理用のラックなども多用すると、細かいものもきれいに収納できます。

靴の収納

靴が靴箱から溢れてしまう人は、縦に並べて収納します。

靴用の重ねることができる透明なボックスは、外から中身がわかるので探しやすいです。

細長いカラーボックスを使えば、横幅を取りません。

スポンサーリンク