猫を飼ってから、自分が猫アレルギーを発症してしまった。

又は、猫が大好きで飼いたいけど、どうもアレルギーがあるらしい。

猫

猫アレルギーがあると、やっぱり猫を飼う事をあきらめなくてはならないのでしょうか?

アレルギーを何とか克服する方法は、ないのでしょうか。

スポンサーリンク


猫アレルギーの原因とは?

猫アレルギーの原因とは、アレルゲンと呼ばれるものです。

これは猫の唾液、毛、フケ、尿などに含まれています。

このアレルゲンの許容量がいっぱいになってしまうと、
アレルギー症状が出てきます。

症状は、目がかゆくなったり、充血したり、
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりとなります。

症状がひどくなると、咳が出たり、
息苦しくなったりすることもあります。

猫を飼っている家に行ったり、猫カフェに行ったりして、
目や鼻がくしゅくしゅするという人は、
猫アレルギーを持っていると思って良いでしょう。

病院で、詳しく調べることもできます。

猫アレルギーは克服できるもの?


猫アレルギーは、猫が居なければ症状を発症することはありません。

猫が好きで、どうしても飼いたい人。

猫がいる空間で、共存しなくてはいけない事情がある人。

そういった人が、猫アレルギーを克服することはできるのでしょうか。

猫アレルギーをなくすということは、
残念ながらできないようです。

ですが、アレルギーの発症を軽くすることで、共存することも可能になります。

アレルギー症状が出てつらい場合は、他のアレルギー発作と同じように、
症状を緩和する薬をもらいましょう。

アレルギーの原因になる、猫のフケ、毛、排泄物などは、
なるべく部屋の中から排除すれば、症状も軽くなるでしょう。

また、猫の種類によっても、
アレルギーを発症しやすい、しにくいものがあります。

短毛種だとアレルギーが出る人が、長毛種だと出ないとかもあるようです。

猫アレルギーでも猫を飼う方法はある?


猫アレルギーを持っていても、猫と一緒に暮らしている人もいます。

ですが、健康を害する恐れもあるので、
軽い気持ちで飼わないようにしましょう。

アレルギーがあるけれど、
猫をどうしても飼いたい人だけが飼うほうが猫のためです。

アレルギーの原因がなければ、症状はなくなります。

また、原因を少しでも減らすことで、症状を軽くすることができます。

猫のフケ、毛、排泄物をなくすには、
こまめに掃除をするしかありません。


また、ブラッシングや、できればシャンプーをすると良いです。

なかなか大変なことです。

でも愛する猫のために、頑張れるという自信があれば、
是非やってみてください。

部屋も、カーペットだと、猫の毛がついて掃除がしにくいです。

フローリングにして、掃除機をかけたあと、
ワイパーなどで毛をキャッチしましょう。

掃除の前には、猫の抜け毛防止のために、
予めブラッシングをしておくといいでしょう。

ブラッシング、お掃除をする場合は、マスクをしてどうぞ。

床だけでなく、カーテンや布団、ソファーなどにも毛が付着していることが
あります。定期的に洗ったり、粘着テープで汚れを除去しましょう。

水を嫌う猫が多いですが、もしできればシャンプーをしましょう。

もしシャンプーができなければ、濡れたタオルで拭いてあげます。

体力が落ちると、アレルギー症状が強くなることがあります。

自分の体調管理も、アレルギーをひどくしないために必要なことです。

スポンサーリンク