カーッと怒りが沸いた時、そのまま怒りに任せて爆発してしまう。

そんな人をみると、いい大人がみっともないと感じませんか?
怒り

人の振り見て、自分を省みてみると、自分もやっちゃっているかもと、気がつくかもしれません。

スポンサーリンク


怒りを爆発させない方が良いのはなぜ?

怒りに任せて爆発してしまうと、後で後悔することは多くないですか?

怒った原因が、自分の勘違いであったり、良く考えるとそんなに怒る必要もなかったり。

必要以上に相手を傷つけてしまったのではないかと、気を揉んだり、怒ったことで今までの関係が崩れてしまったり、冷静さを失ったことで、後で後悔をすることが多くあります。

また、周りからみても、怒りをあらわにしている人は、人間的にどうなんだと思われてしまいます。

自分の感情をコントロールできない人。

人前で相手を罵倒する、思いやりのかけらもない人。

そんなレッテルを貼られてしまうかもしれません。

あまりに怒ってばかりいると、精神的にちょっと問題がある人と思われてしまうかもしれません。

怒りを鎮める方法は?

怒りを鎮める方法として、まず怒りが湧き起こったら、とりあえず深呼吸をしてみることです。

腹式呼吸をすると、緊張した体をリラックスさせる効果があります。

これは、深呼吸によって、副交感神経が活発になるせいです。

鼻から息を吸って、口からゆっくり長く息を吐き出します。

2,3回繰り返しているうちに、怒りが静まってきていることでしょう。

普段でも、深呼吸を心がけて、体中に酸素を送るようにすると、イライラしにくくなります。

ストレスをためこまずに怒りを解消できる?

すぐにカッとなってしまい、つい怒ってしまう人は、身の回りにいる、感情が安定した冷静な人を観察してみましょう。

自分より年上の人だと、人間ができているからと納得しますが、年下でも、自分より感情がとても安定している人がいると思います。

トラブルの時などに、どうやって怒らずに対処しているのか、人から学ぶことは多いものです。

怒りの原因は解消できなくても、怒りの感情をコントロールして冷静に見つめることができるように、精進してみましょう。

また、怒りの原因が「自分の思い通りにならない」とか相手に「こうあるべきだ」と期待して裏切られる等。

そういう場合は、考え方を変えてみると良いです。

あまり人に多くを期待せず、こういう考え方もあるんだと、寛容に受け止めるようにすると、怒りも感じなくなります。

スポンサーリンク