何だか体が疲れやすい、疲労感が取れないというような症状があったら肝機能が低下しているせいかもしれません。

肝臓には、アルコールを分解したり、血液をきれいにしたりと、大切な働きをたくさん担っています。肝機能を良くするには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク


肝臓にいい食べ物は?効果は?

肝細胞を修復するためには、たんぱく質を摂ることが良いとされています。たんぱく質を多く含む食品の中でも、貝、いか、牛肉、牛乳、卵、レバー、牛肉、海藻類を積極的に食べましょう。

色々な種類の野菜を食べることも、お勧めです。肝臓にいい食べ物として、代表的なものは「大豆」です。豆腐や納豆、きなこや豆乳など、大豆製品は肝臓の働きを助けます。

脂っこいものや、脂肪の多い食べ物、消化の悪いものは控えましょう。肝臓に良いからということで、摂取のしすぎにも注意しましょう。

単一のものだけでなく、野菜などもたくさんの種類をたべましょう。また、食べすぎは、肝臓に負担をかけます。肥満気味な場合も要注意です。

アルコールの摂取過多や、たばこも控えたほうが良いでしょう。食事は、規則正しく、3食決まった時間にするように心がけましょう。

添加物が多い食品は、肝臓に負担をかけますので、なるべく無添加のもの、オーガニックな食品を選ぶようにしましょう。
スポンサーリンク

肝臓にいいレシピは?

肝臓に良い食べ物のレシピでお勧めのものは「しじみ汁」です。二日酔いに効くということで、おなじみのレシピです。しじみには、良質のたんぱく質がふくまれており、肝機能の代謝を高めますシジミも肝臓に良い食べ物のうえ、大豆加工品である、味噌も入っています。

しじみ汁

二日酔いにも良いと言われる、代表的な料理です。インスタントのものも、多く販売されています。塩分控えめ商品なども出ています。

他にも、飲みすぎ、二日酔いに良いとされる「ウコン」も、肝臓に良いものです。ドリンクや、サプリメントで売られています。

肝機能はどうすれば改善される?

肝機能を向上させるのは、上記のような肝臓に良いとされる食べ物を積極的に食べる他、生活習慣の見直しも必要です。肝機能を良くするだけでなく、どれも健康を維持するために必要と言われるものです。
  1. 早寝、早起きの、規則正しい生活を心がける。
  2. 夜更かしをせず、睡眠不足にならないようにします。
  3. 適度な運動をする。
  4. ストレスをためないようにする。

スポンサーリンク