実印というと、家の金庫に大事にしまわれている、立派なハンコを思い浮かべます。

印鑑

一般的には、実印と銀行印は、兼用しないほうがいいと言われていますが、その理由はどんなところから来ているのでしょう。

スポンサーリンク


実印とは?

実印とはその家のハンコの中で、重要な役割を持っています。大切な書類や、権利書などにこの実印を押すということは、本人により、間違いなく認証したという、意味になるからです。

実印は、その家によって形も様々です。

こうした重要な意味を持つハンコですので、彫ってある文字が複雑だったり、立派なケースに入ったオーダーメイドという家も多いのではないでしょうか。

ですが、実印は、住所登録をしている自治体に届ければ、どんなハンコでも、実印になりえるのです。立派なハンコでなくても、認印のような簡素なものでも、登録をすれば、実印となります。

銀行印とは?

銀行で預金通帳を作るときに、ハンコが必要になります。これは後々、お金を出し入れするときに使うことになります。一度届け出たハンコは、盗難や紛失の場合は、紛失手続きを行います。

それに伴い、新しい銀行印の登録もあり、ちょっと手間がかかります。

こちらも、大切なお金の出し入れの時に必要になりますので、実印と同じぐらい、重要な意味を持っています。

通帳には、銀行印を押さないようにしているため、これは悪用を避けるために、わざと押していません。

届け出たハンコがどれだったか、後で確認ができませんので、銀行印も、認印などとは別に作って保管したほうが良さそうです。また、お金を扱う重要なハンコになるので、100均のハンコではなく、模写しにくい刻印にしたほうが、より安心です。

そして、使用している間に破損したりしないよう、丈夫に作られたものを登録しましょう。
スポンサーリンク

実印と銀行印を兼用しない方がいいのはなぜ?

実印と銀行員が同じであっても、いけないということはありません。

ですが、多くの人が別々に作っています。

それは前述したように、万が一の紛失や盗難の時に面倒であること。銀行印の変更の際、登録していた印鑑をなくした場合は、実印も廃止、及び改印をしなくてはならなくなります。

銀行に行く時に、家から良く持ち出すということは、紛失するリスクも高くなるということです。また、どんな印鑑なのか人に知られやすいというリスクも多少高くなります。

実印と銀行印使い分けはどのようにするの?

実印と銀行印を、似たような形や大きさで作ってしまうと、間違いやすいということが起こってきます。本体の色を変えたり、大きさを変えることですぐに見分けがつくでしょう。

また、2つとも大切な印鑑ですので、家では安全な場所に管理しましょう。銀行印は、苗字またはフルネームを刻印する必要はないというのはご存知でしたか?

名前だけのハンコでも登録ができます。これは、女性の場合、結婚して苗字が変わっても使い続けられるので便利です。また名前のハンコは少ないので、悪用されることも少なくなりそうです。

スポンサーリンク