雇用保険制度は、
労働者を守るための保険制度です。

失業した場合に国が給付手当てを出したり、
雇用条件を管理したり就職の際の手助けなど、
雇用にまつわる様々なサポートを行っています。

就職活動

労働者の生活を守ってくれるための制度なので、
一定の条件を満たす労働条件であれば、
加入したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク


雇用保険の加入条件とは?

雇用保険法により事業主は一定の条件を
満たす労働者を職業安定所(ハローワーク)に
提出をする義務があります。


ですが事業主によっては、
届出を行わないということもあります。

届出がなければ当たり前ですが、
失業をした場合などでも
雇用保険の支給は受けられません。

新しい労働者を雇い入れた場合には、
届出をしなくてはなりません。

保険加入には「31日以上働いている」
「1週間の労働時間が20時間以上」

という条件を満たしている場合は、
届出をする必要があります。

パートやアルバイトでも雇用保険に加入できる?

正社員だけでなく、パートやアルバイトであっても、

「31日以上の働いている」「1週間の労働時間が20時間以上」
「一年以上、働いてくれる見込みがある」


という条件を満たしていれば、保険に加入することができます。

スポンサーリンク


雇用保険には2種類あり、
正社員は「一般非保険者」となり、
パートやアルバイトの人は
「短時間労働被保険者」となります。

従業員がたった1人であっても、
法人または個人いずれであっても
加入することが義務付けとなります。

「パートやアルバイトは、
長く働いてくれるかわからない」などの理由や、
保険料を払いたくないなどの理由で、
拒否することはできません。

条件を満たしていても雇用保険に入れないと言われたらどうすればいいの?

雇用保険は労働者にとっては、
とても心強いものです。

加入条件を満たしているのであれば、
是非加入することをお勧めします。

働く前にきちんと労働時間数の契約が、
週または月に何時間になるのか
会社に確認しておきましょう。

また、会社が保険に加入しているか
どうか分からない場合は会社に
確認をしてみましょう。

会社がうやむやにする場合は、
ハローワークに直接申し出ることもできます。


もし会社が、色々な理由をつけて、
従業員の雇用保険に加入を拒否する場合は、
法律上では、6か月以下の懲役
または30万円以下の罰金が規定されています。

スポンサーリンク