窓ガラスが曇って水がつくことがありますが、
これが結露です。

車や家など、外と室内の温度差があるときに、
良く目にする現象です。

結露

実は、家の中の目につかない場所でも、
結露が起こっていることがあります。

結露をほうっておくと、
カビの原因になってしまうんですよ。

スポンサーリンク


結露とは

ガラスのコップに、
氷の入った冷たい飲み物を注ぐと、
コップの外側に水滴がついて、
流れ落ちたりすると思います。

この状態が、結露と呼ばれるものになります。

空気中には水蒸気が含まれていますが、
これらが空気中の温度よりも冷たい場合、
水蒸気が冷やされて水滴になって現れるのです。

 

結露の原因って何?

結露の原因は、
空気中の水蒸気と気温のバランスによるものです。

空気中に含まれる水蒸気は、
気温が高くなるほど多くなります。

これが、冷たい物体に触れると、
液体に代わって結露となって現れます。

温度差が多いほど、
結露が多く見られるようになるということですね。

寒い冬場に、窓ガラスについた水滴が
流れ落ちているということがおきてくるわけです。
スポンサーリンク

結露はどの季節に起きやすい?

結露は気温との温度差があるものにできますが、
結露が起こりやすい季節というものがあります。

冬は暖房器具を使うため、
外の気温との差が出来やすいです。

窓ガラス、壁に結露がおきて、
水滴が流れていることがあると思います。

冬に続いて結露が起こりやすい季節は、
梅雨時です。

雨が多いため湿気が高くなっています。

冬のような外気との温度差はそれほどありませんし、
窓ガラスなどにおこらないため、
気がつかないかもしれませんが、
室内の湿気が多い場所に、
結露が起きている場合があります。


 

結露はどこで起きる?

結露には、目に触れやすい表面に起きるもの(表面結露)と、
内側に起きる(内部結露)があります。

温度差がある、窓ガラスや、家の壁、キッチンやお風呂場など、
水を使う場所でも結露が起こります。

これらは、表面結露となります。

家の内側の目に触れにくい場所である
押入れ、家具の裏側、天井裏、床などに
できるものが内部結露です。

内部結露は、風通しの悪く、
湿気が悪いという条件が揃うと発生します。

 

結露はどんな害を及ぼすの?

結露をそのままにしておくと、カビになったり、
ダニの発生の原因となります。

また、湿気のため、家自体の強度も
弱くなってしまいます。

結露のためにできた家のカビが、
人体に害をもたらすことがあります。

皮膚病肺炎アレルギーの原因になるので、
結露はきちんと対策が必要です。

スポンサーリンク