求人広告を見て、実際面接に行ってみたら、
募集内容と実際の条件が
異なってた・・・ということがあります。

面接の予定女性

面接の時点で分かればまだいいですが、
実際に勤務をしてみたら、
条件と全然違っていたというようなことも、
あるようなのです。

スポンサーリンク

良質な求人を見分けるには?求人票の見方

しょっちゅう求人が出ている。
あちこちに募集が出ている。
同じ会社で、複数の掲載がある。

しょっちゅう求人を出している
会社というのは、人がいつかず
離職率の高い会社かもしれません。


また、職種や仕事の内容が、
たくさんの種類が書いてあったり、
その割に内容が明確でない場合も、
希望と違う仕事をさせられる場合があります。

勤務地についても、
いきなり全然違う支店に
まわされてしまったりしては困りますので、
所在地と就業場所が書いてあるか確認をしましょう。

保険や手当てについても、
あって当たり前と思わずに確認をしておきましょう。

求人内容で、ちょっと引っかかるものがあれば、
メモをしておいて、応募の問い合わせや、
面接の時に聞いてみまましょう。

募集の内容が幅広すぎるものも、
ちょっと注意をしてみましょう。

年齢の幅、給料の幅が広すぎたり、
契約期間、業務内容など、明記しておらず
応相談というような大雑把な内容も、
良質とは言えません。

 

採用されたときにすべきことは?雇用契約書にサインする前に

面接が通って、採用が決定すると、
雇用契約書(雇用通知書)が渡されます。

雇用契約書を請求しても交付しない会社は違法です。
労働基準監督署に通報しましよう。

スポンサーリンク



雇用契約書の内容は、
しっかり確認してください。

たとえ求人票の内容と違っても、
雇用契約書に同意すれば、
後の祭りとなってしまいます。


ですので、契約をする前に、
雇用内容に気になるところがあれば、
必ず質問をしておきます。

せっかく内定をもらって、
色々細かいことを言うと、印象が悪くならないかと
心配される方もいらっしゃるでしょう。

ですが、きちんとした会社であれば、
こちらの質問にもきちんと
答えてくれると思います。

相手の反応でも、
その会社の姿勢を読み取れるかもしれません。

 

ハローワークでの求人は?求人記載内容との違いは?

ハローワークは、
雇用側も、被雇用者も利用でできる場所です。

ハローワークは、募集を載せたい企業からの依頼は、
無料で受け付けてくれます。

また、登録する場合の内容チェックは、
それほど厳しくありません。

そのせいか、求人時の条件と、
実際の労働条件が大きく違う
ということがおきやすい場所でもあります。

実際、募集内容と契約内容が違った場合は、
ハローワークにクレームをあげることができます。

窓口に直接クレームをするのもいいですし、
インターネットの窓口もあります。

平成26年にハローワークは、
求人票と実際の労働条件が違う場合に
利用ができる、ホットラインを開設しました。

厚生労働省HP
ハローワークでの求人票と実際の労働条件が異なる場合の対策を強化

スポンサーリンク