梅雨の時期や、冬になると、
室内に結露が発生することがあります。

窓の結露

放っておくと、家が傷んでしまったり、
カビが生えたりと、シックハウスになって
しまうことだって、ありえるのです。

スポンサーリンク


結露を防止するために何をすればいいの?

結露対策をするには、
まず結露が起こりにくい環境を作りましょう。

結露の原因は、
湿度や外気との温度差が原因となります。

湿度を減らすことで、
結露の発生はかなり抑えることができます。


雨や雪など、湿度が多い日を除いて、
部屋の窓を開けて風を入れましょう。

留守が多かったり、
窓を開け放すことができない場合は、
除湿機をつけたり、
換気扇を回したりします。

タンスや家具の裏側に、
結露が起こっていることがあります。

窓に結露がおきているようでしたら、
家具の裏や壁、押入れなどにも
結露がおきている可能性があると考えます。

家具はカビが生えないように、
壁にピッタリと付けないようにします。

壁から最低5センチは離して、
配置するようにしましょう。

また、冬の暖房器具の種類によっても、
結露が起こりやすいものと
起こりにくいものがあります。

石油やガスを使うものよりも、
電気を使ったエアコンや電気ストーブなどは
結露をおこしにくいと言われます。

温度を変化させない、
ホットカーペットは特にお勧めです。

また、湿度が高くなるような
鉢植えなどの植物、水槽などを
置かないようにします。
スポンサーリンク

湿度との関係は?

室内に湿度計を置いて、
湿度をチェックするのも良いでしょう。

湿度は、空気中に含まれる水蒸気の量と、
ある温度の空気が含むことのできる
最大の水蒸気量(飽和水蒸気量)を
比べたときのパーセンテージです。

湿度が高いと、同じ室温でも
結露が始まる温度は高くなります。

結露が起こりやすくなる
ということです。

湿度が高い時は、
除湿機や換気扇を回すなどで、
結露を防止します。

結露が発生した場合の処置は?

結露が目に見えやすい窓ガラスや壁は、
水滴がついていたら、すぐに拭きます。

こまめに拭くのも面倒という場合は、
水滴が落ちる窓の下に
タオルなどを敷いておき、
水をふくんだら取り替える。

タオルの代わりに、
新聞紙を敷いておくのも良いです。

湿った新聞紙で、
そのまま窓拭きもしてしまいます。

水滴を拭き取る
ハンドワイパーや吸水テープは、
ホームセンターで手に入ります。


屋内側に断熱テープを
貼る方法というものもあります。

スポンサーリンク