少子化であったり、土地を持たず借家暮らしであったり、無宗教であったり。

昔よりもお墓参りの習慣が、風化しつつあることは否めません。

墓地

子孫がお墓を守ってくれるとは限らない現代では、永代供養の希望者が増え、その値段も低価格化してきているということです。

スポンサーリンク


永代供養の費用の相場は?永代供養にお金がかるのはなぜ?

永代供養は、最初に料金を払うだけで、後のお墓の管理をお寺や霊園が代わりにやってくれるというものです。

以前は永代供養は、お寺にお願いするというのがあたりまえでしたが、最近では、一般の企業なども参入してきています。

費用はその窓口によってまちまちです。納骨の方法によっても、金額は変ってきます。また、費用に含まれるものもまちまちになりますので、良く確認をしましょう。

最初に払ってしまえば、後に納骨費用、管理費用、お布施、寄付などを払わなくて良いということが、謳われているものが多いようです。

一括で100万円と聞くと、随分高いと感じるかもしれませんが、永久に管理してくれると思えば、納得のいく値段ではないでしょうか。

相場は10万円から100万円と言われています。実際の価格幅は、3万円から500万円ぐらいまであるようです。

納骨方法が、血縁以外の人と一緒に埋葬される場合は値段も安くなります。同じ場所に、単独に埋葬する形もあります。または、夫婦が一緒という場合にも、また値段が変わります。

個々に供養棟や墓石を設ける場合は、値段も高くなります。

スポンサーリンク

永代供養の費用が低価格している?

永代供養の費用で、一番安いものは、納骨と永代供養で3万円という値段が出ています。

この値段を打ち出したのは一般企業で、お寺ではありません。お寺や霊園が出しているパンフレットと比べると、宗教色が強くなく、どんな人でもかしこまらずに、見ることができる作りになっています。

また、格安料金を前面に押し出しているところは、興味をそそりますし普段感覚で、気軽にページを覗くことができます

ということは、今まで見に来なかった人も、見に来るということが起こって来ます。

今後も一般企業による、この業界の参入は増えてくるのではないかと言われています。そうなると、やはり価格競争が生じ、より安い料金を掲載したパンフレットが出てくることになるでしょう。

永代供養の費用が低価格についての感想は?賛成?反対?

葬儀にも、一般企業が参入して、ビジネス展開をしていることにちょっと驚きましたが、そうした動きを批判する声もあります。もちろん、企業を通して契約をしても、供養をするのはお坊さんなのですが。

昔からのしきたりにこだわったり、宗教的な意味からも、葬儀が格安戦争の対象になってしまうのは、どういうものかと思う人も多いようです。

とはいえ、低価格のニーズがあるから、商品は生まれるのですから、こういった流れを歓迎する人、使ってみたいと思う人も多くいるでしょう。

近寄りがたかった、自分のお墓やお葬式のことが、身近に考えられたりと良い効果もあると思われます。

スポンサーリンク