1969年10月からスタートし、今年47年目を迎えるアニメ、サザエさん。

子供からお年寄りまで、知らない人はいないという、日本を代表するアニメです。

初回放映から46年ともなると、声優さんもご高齢となり、世代交代が行われます。

慣れ親しんだ声から、別の人に代わることを残念と言う声や、楽しみという声など、様々な声が聞かれます。

スポンサーリンク


 

磯野フネの声優が、バトンタッチされることに

今回、メインキャストである、磯野フネ(サザエの母)の声優さんが交代することになりました。

磯野フネ http://www.fujitv.co.jp/sazaesan/character.htmlより引用

 

2015年10月4日から、女優、声優である寺内よりえさんがフネを演じることになります。

46年間、磯野フネ役を務めてきた麻生美代子さんは、1926年4月生まれの89歳。

初回放送より、ずっとフネの声を演じてきました。

今回の交代は、ご高齢ということが理由だそうですが、89歳で演じていたということに、まずビックリし、頭が下がる思いがしました。

メインキャストの声優の交代は、磯野波平の声の永井一郎さんの死去により2014年2月16日放送から、茶風林さんへとバトンタッチされています。

波平もフネも声優が変ってしまって、サザエさんのイメージも変るのではないかと心配する声もあります。

頑固オヤジの波平さんの「ばっかもーん!」も、永井さんと茶風林さんとではやはり声の質感は全然違いますね。

それは何十年も永井さんの声をずっと耳にしてきたので、当たり前のことだと思います。

ですが、バトンタッチされた茶風林さん、寺内よりえさんも、時間を重ねるうちに、親しみが沸いてくると思われます。

サザエさんのこれまでの声優交代は?

サザエさんのメインキャストは、少しずつ交代されています。

初回より交代されていないのは、磯野サザエと、タラオの2人のみとなっています。

現在、何代目の声優さんになっているのかは、以下の通りです。

サザエ役 加藤みどりさん(初代)1939年11月生

マスオ役 近石真介さん(初代)増岡弘さん(2代目)1936年8月生

カツオ役 大山のぶ代さん(初代)高橋和枝さん(2代目)冨永みーなさん(3代目)1966年4月生

ワカメ役 山本嘉子さん(初代)野村道子さん(2代目)津村まことさん(3代目)1965年7月生

タラオ役 貴家堂子さん(初代)1941年2月生

波平役  永井一郎さん(初代)茶風林さん(2代目)1961年12月生

フネ役  麻生美代子さん(初代)寺内よりえさん(2代目)1953年1月生

ヒロインであるサザエさんも、今年でもう76歳になるんですね。

サザエさんの声が変るのは、やはり一大事ですので、まだまだ加藤みどりさんに、頑張って欲しいものです。
スポンサーリンク

他のアニメでのこれまでの声優交代は?

アニメの中でも、声優交代で話題になったといえば、こちらの2本ではないでしょうか。

「ドラえもん」

こちらも国民的アニメですが、今や世界でも知られているキャラクターです。

大山のぶ代さんの印象的な声から、2005年に水田わさびさんに交代。

大体声優さんの交代は、声質が近い人に交代するのですが、大山さんから水田さんの交代は、全く違う声へとシフトしたので、注目が集まりました。

1973年から初めて放送されたシリーズでは、ドラえもんの声は、富田耕生さんと、野沢雅子さんが演じていました。

1979年から2005年までは、第二期と呼ばれますが、このシリーズから、約25年間は大山のぶ代さんが演じています。

2005年からは、設定も現代的になったため、水田さんの元気なドラえもんに変りました。

「ルパン三世」

主役のルパンの声、山田康雄さんは、1971年から1995年までの24年間演じてきましたが、死去により栗田寛一さんに交代しています。

ルパンのものまねとして、よく知られていた栗田さんへの交代だったため、違和感がないと言われていました。

2011年に作成された新作では、メインキャスト5人のうち3人が声優交代ということで、かなりザワついたのを覚えています。

峰不二子、石川五ェ門、銭形警部の3名が新しい声優さんを使っています。

次元大介役の小林清志さんだけが、初代となってしまいましたが、小林さんも83歳という年齢になっています。

スポンサーリンク