具合が悪いけれど、我慢しているときに「大丈夫ですか?」と誰かから声をかけられると、とても嬉しく感じるものです。

パンジー
日本には、季節の挨拶や、お礼状などの最後に体調を気遣う言葉が挿入されます。

体調を気遣う言葉は、相手を見ていますという意味で、とても優しい言葉です。

スポンサーリンク


体調を気遣う言葉をかけたいと思うのはどんな時?

体調を気遣う言葉をかけたいと思う時。それは、いつも元気な人が、入院してしまったなどと聞いたときでしょう。

様子を聞いて安心したいという気持ちや、元気づけてあげたいと思うでしょう。

オーバーワークなどで、無理をしている人を見ると、ねぎらいの意味もこめて、体調を気遣う言葉をかけてあげたいと思います。

また、そのかけた言葉が、無理していることに気づくきっかけになったら嬉しいですよね。

いつもと違って、ちょっと元気がなかったり、風邪気味だったりしている人には自然に体調を尋ねていることもあるでしょう。

体調を気遣う言葉はどんなタイミングで言うといい?

体調を気遣う言葉は、ズバリ入院中などにかけてもらえると、嬉しいものです。入院中はすることもなく、何だか取り残されたような気持ちになるものです。

そんな時に、誰かから気遣いの言葉をもらうと、とても嬉しくなります。

直接お見舞いに行かなくても、メールでも気遣いの言葉を貰うと、元気づけられます。

 

メールで体調を気遣うには?返信を期待しない好感が上がる内容とは?

逆に、仕事が立て込んでいるときなどに「無理しないでゆっくり休んでください」と言われても、そんなことばできないと逆効果になるかもしれません。

相手の立場や状況をよく見て、言葉をかけてあげたいものです。

スポンサーリンク


忙しいけど休めない人には、体調を気遣う言葉よりも「何か出来ることがあれば、言って下さいね」と言ってもらえるほうが喜ばれるのではないでしょうか。

また、入院して間もない頃に気遣いの言葉をもらうのは嬉しいですが、入院が長引いている人に、あまり体調を色々聞くのも良くありません。

なかなか良くなる兆しが見えず、焦っている人に体調を聞くと「まだ治らないの?」と言われているような気がするからです。

体調を気遣う言葉はどんな言葉が喜ばれる?

体調を気遣う言葉で一般的なものとしては、

「あまり無理をなさらないよう」
「ゆっくり休んでください」
「心から案じております」
「お大事に」

というような言葉があります。

手紙やハガキでしたら、こういった言葉が丁寧で良いでしょう。

目の前に体調が悪そうな人がいた場合には「大丈夫ですか?○○しましょうか?」と声をかけてあげましょう。

単に「大丈夫?」と聞くだけよりは、何か助けてあげようとする気持ちを表してもらうと、より嬉しく感じるものです。

また、体調が悪いのに頑張っている人には「そんなに無理しないで、休めば?」と、行動を否定されるよりは、「いつも頑張ってますし、少しスローダウンしては?」と、肯定してあげる言い方をするほうが、嬉しく感じてもらえるでしょう。

 

スポンサーリンク