胃腸風邪とは、腹痛や吐き気、嘔吐、下痢、発熱
などを伴う胃腸の病気です。

胃腸風邪という病名はなく、「感染性胃腸炎」や
「ウィルス性胃腸炎」のことを指すようです。

胃腸風邪の原因と症状は?回復までにどれぐらいかかる?

胃腸風邪の原因は、ウィルス性と細菌性のものがあります。

ウイルス性には ロタウイルス、ノロウイルス、
アデノウイルスなどがあり、冬場に活発になります。

細菌性にはサルモネラ、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、
病原性大腸菌などがあります。

症状はそれぞれの菌によって、違います。

症状で発熱やだるさなど風邪に似た症状があるため、
胃腸風邪と呼ばれるのではないかと思います。

風邪というのは、鼻水やのどの痛み、咳などの症状が
あることを言うので、胃腸炎は風邪ではありません


アデノウィルスは風邪の代表的なウィルスのひとつですが、
胃腸にも症状が起こります。。

胃腸風邪になってしまったときの食事

細菌性胃腸炎は、抗生物質などを
処方されると思いますが、ウイルス性胃腸炎は、
特効薬がないため、薬は症状を抑えるものとなります。

より早い回復のためには、消化の良いものを食べて、
回復を待つしかありません。

症状がひどい場合は、吐き気などもあるので、
食事を食べたいとは思わないでしょう。

無理に食べることはせず、脱水にならないように、
水分や電解質などをとるようにします。

二次感染がおきないように、患者にさわったり、
衣類に触った場合は良く手を洗ってから食事を作りましょう。


消化の悪い、乳製品や卵製品、油っぽいものは
食べないようにします。

子供の場合は、乳酸菌飲料やジュース、
アイスクリームなどは与えないようにします。

食べやすいおかゆ、スープ、豆腐、ゼリー
などから口にするといいでしょう。

a1180_015514

胃腸風邪になってしまったときのお勧めのレシピは?

乳幼児の場合は、食べれそうになってきたら、
りんごのすりおろし、野菜を煮てこしたもの、
味噌汁の上澄みなどから与えてみましょう。

大人は水下痢のような状態でしたら、
固形のものより、スープからはじめます。

下痢が少し収まってきたら、
おかゆやうどんなどを食べるようにします。

かぶや大根のスープ

かぶや大根は、胃腸にも優しい野菜です。

煮る事でやわらかくなり、食感もやさしく食べやすいです。

また白菜なども柔らかくなるので、お勧めです。

スープはコンソメや塩こしょう、料理酒などで作ります。

かぼちゃやじゃがいものスープ

野菜を茹でて、ミキサーにかけてしまえば、
さらに食べやすくなります。

ポタージュにすると牛乳を使いますので、
スープベースで伸ばすといいです。

スポンサーリンク