体に水分が不足すると、血液がドロドロになり、さまざまな病気を引き起こす原因となってしまいます。

水を飲む女性

 

1日2リットル飲めばよいという話もありますが、飲みすぎてもまた体がむくんだりと、良くないということです。

1日の水の飲む量の適量は、一体どのくらいなのでしょう。

スポンサーリンク


1日に必要な水を飲む量は?

人間の体は、約60%が水分でできていると言われています。

普段の生活の中で、汗をかいたり、トイレでの排泄により体から水分が排出されていきます。

自分で感じていなくても、体から蒸発している水分も含めると、2リットルぐらいは、排出されているのです。

排出された分は、外から補わなくてはいけません。そうしないと、体の適正な水分量が保てなくなってしまます。

ですが、食事から取り込める水分や、体の中で発生する水分というものもあるので、必ずしも2リットル補給することではないようです。

また、大人と子供が同じ水分量ということでもなく、体の大きさや年齢などによっても、その人の補給量の適量は変わります。

 

水を1日に飲む適正な量の目安は?水を飲むメリットとは?

1日に飲む適正な量の目安には、

35ミリリットルx体重=1日に飲む適正な量

という式を使います。

成人の場合は、大体1.5リットルから、体の大きい人だったら2リットルぐらいとなります。

水を飲むことにより、体の機能が正常に働くことになります。体温の調節は、水を飲むことが大きく影響しています。

水分不足になると、体温が上昇し熱中症を引き起こすことになります。水分過多になると、体からの汗が止まらず、疲労感を感じたりします。

また、体内に摂りこんだ食物を吸収したり、余分なものを排出したりする働きにも水がかかわっています。
スポンサーリンク

正しい水分の摂り方は?水以外の飲み物は?

水分補給をする場合、一度にたくさん飲むのではなく、コップ一杯分を、何度かに分けて飲むようにしましょう。

一度に水を飲みすぎると、頭痛がおきたり、体内の調節機能が狂ってしまいます。

一日のうちで、水を飲むと良いと言われるタイミングは、朝起きたとき、運動をする前、運動をした後、お風呂の前、お風呂のあと、寝る前。

体の水分が不足しやすいときに、補ってあげましょう。

スポーツで汗をかいた後は、少し多めに水を飲みましょう。

また、水以外の飲み物の場合、水分補給に適しているのでしょうか。

スポーツ飲料は、水よりも体への吸収が早いということで、お勧めですが、糖分も多いため水で薄めて飲みましょう。

お茶やコーヒーなどをたくさん飲む人は、水分補給はバッチリと思いがちです。

これらの嗜好品は、利尿作用があるため、飲んでも体から排出されます。

お茶を飲んだ後、トイレが近くなると感じることがないでしょうか。

体内のお掃除には良いですが、水分補給をするには十分に水を飲んだ後、食後にちょっと飲む程度にしましょう。

アルコールについても同様で、利尿作用があり飲みすぎると、体の調節機能までが狂ってしまいます。

やはり、水がいちばんよいということになります。

スポンサーリンク