不意な出火や、震災などに備えて、消火器を常備している家庭も増えています。

消火器
消火器といえば、赤い大きな重いもの・・・と思いがちですが、家庭用には、軽量でカラフルなものもありです。

とはいえ、見た目や形だけではなく、消火器を選ぶ際、種類や型の違い、用途や消化能力なども、よく考えて選びましょう。

スポンサーリンク


消火器の種類はどんなものがある?

消火器は全ての火災に万能という訳ではありません。

消火器の種類によって、火災のタイプ別に分けられています。

つまり、消化する対象の着火物によって、消火できない消火器もあるということです。

火災の種類は、消防法によって、以下3つに分けられています。
  1. 紙、木材、繊維などにおこる火災
  2. 油、ガソリン、シンナーなどにおこる火災
  3. 家電等、電気による発火のためおこる火災(感電の危険があります)
できるだけ一本の消火器で、3つの種類の火災に対応できるもの。

または、用途外で間違って使用しても、危険にならないものが良いでしょう。

消火器には、用途が絵柄で分かりやすく描いてあるものもあります。

消火器の型の見方は?

消火器には大きく分けて2つのタイプがあります。

「粉末タイプ」か「液体タイプ(強化液)」です。

粉末タイプは、価格の安さと、消火力が強いところが特徴です。

粉末タイプには「加圧式」と「蓄圧式」があります。

加圧式は、一度噴射すると途中で止めることができません。

蓄圧式は、圧力計があり、途中で止めることができます。
スポンサーリンク


加圧式のほうが威力はありますが、万が一ですが破裂の危険なども伴います。

粉末が視界を妨げにたり、吸い込むとむせます。

また、部屋中が真っ白になるので、後片付けが大変です。

液体タイプは、噴射中でも視界が曇らないので、落ち着いて作業ができます。

飛び散りの心配もないため、後片付けも簡単に済みます。

食品を材料に使ったものも出ていて、環境や人体にやさしいものもあります。

ただし値段は粉末タイプよりも高めになります。

その他、簡易タイプの消化器としては、エアゾールのもの、消火剤を投げ入れて使うものもあります。

家庭用の消火器はどのようなものを選べばいいの?

家庭用の消火器は、場所をとったり、いざというとき扱いが分からないものだと、ちょっと困ってしまいますよね。

家庭内での火災の原因は、キッチンからの発火や、冬場のストーブからの発火、電化製品からの発火などが主な原因となります。

キッチンなど、燃え始めにすぐに使えるものとしては、エアゾール式消火具です。

軽くてすぐに使えるので、予備知識がなくても大丈夫です。

ただし、大きく火の手が上がった場合には、消化能力が追いつきません。

エアゾールにも、粉末、強化液、ハロンなどの種類があります。

消火対象を確認して、購入をすると良いでしょう。

できれば小さい火を消火する用の、簡易消化器としてのエアゾールと、ちょっと大きめの強化液タイプのものを、常備しておくと安心です。

スポンサーリンク