鍵のトラブルの料金はいくらかかるの?困ったらどうすればいい?

うっかり鍵をなくしてしまったり、鍵を中に置いたまま外出してしまった。
ドアノブ
そんなどうにもならない時は、鍵を開けてくれる業者にお願いしなくてはいけません。

鍵を開けるには、出張代金や、鍵開け技術料の他、鍵の作り直しなどなど、思った以上の出費になる可能性があります。

もし鍵のトラブルの場合、一体どれぐらい料金がかかるのかを知っておきましょう。

スポンサーリンク


鍵のトラブルの料金はいくら?料金の違いは何によるもの?

一言で鍵といっても、家の中や身の回りにはたくさん鍵があります。

家の中だけでも玄関だったり、サッシだったり、浴室、安全金庫、机などなど。

また周辺のものでは、車やバイクの鍵のトラブルも良くおこりがちです。

鍵の場所の違いもあれば、使用している鍵の種類も様々で、開ける料金もその条件によって見積もりも様々となります。

鍵の種類も防犯性を考慮したものは、複雑な形になっていて、簡単に開けられません。

開けるのには、それなりの高い技術が必要になります。

よって、そうしたものは、やはり値段が高くなってしまいます。

車でも、高級車であるほど、盗難防止のため開けにくい鍵になっていますので、鍵開けの値段は高くなります。

また、料金設定設定についても

1.鍵開けだけの料金

鍵を家の中に置き忘れた場合など、開錠すれば良いだけの場合。

2.鍵を作成する料金

鍵をなくしてしまって、スペアキーもない場合。

どこでなくしたか分からないので、防犯のために作り直しの場合。

1のみなのか、1+2になるのかにもよって、料金は異なります。

また、技術者の出張料金や、部品代などが別途かかることもあります。

業者によっては、出張料金込みの料金を出しているところもあります。

スポンサーリンク

鍵開け、鍵の作り直しの相場は?

料金設定については、業者によっても様々なので、もしできれば、いくつか見積もりを取り寄せてみましょう。

とはいえ、鍵開けが必要の時は、急を要するケースも多いと思います。

イザという時のために、普段から調べておくのも良いかもしれません。

また、すぐに対応してもらえる、レスポンスの早い業者かどうかも、選ぶポイントになります。

玄関の鍵開け(一般的な鍵のタイプ) 10,000円前後、防犯用のものは、これよりも2-3,000円高くなります。

鍵の種類により、6000円ぐらいで出来る業者もあります。

鍵の作り直しについては、ドアノブを交換すればいい場合や、ドア全体を交換しないといけない場合もありますので、見積もり金額も様々になります。

ドアノブだけの交換、一般的な鍵の場合は、12,000円前後。

こちらも防犯用のものは、2-3,000円円高くなります。

デスクの鍵開けは、5,000円前後。

車のインロックの鍵開け 8,000円前後。

車によっても様々です。

開けるとシリンダーが壊れるようになっているものもあります。

外車の場合は、料金も倍ぐらいかかることもあります。

 

鍵をなくさないための予防法は?

鍵のトラブルをなくすためには、鍵をなくさないこと、鍵をうっかり置き忘れないことに尽きます。

忘れ物が多い人の特徴は、物を固定した場所に置かないという人がとても多いということです。

鍵や携帯、お財布など、普段いつも外出時に携帯するものは、決まった場所に置くようにします。

置き場として、専用のトレイを置いて置く等も良いでしょう。

また鍵の場合は、大きいキーホルダーをつけるなどの工夫もします。

カバンの中のものが多くて、探しにくい時でもキーホルダーが大きいと探しやすいです。

また、最近では、携帯のアプリで、大切なものを探すことができるといった便利グッズが出ています。

キーホルダータイプになっていて、スマホなどで呼び出すと、ブザーが鳴る仕掛けになっているものもあります。

鳴き声で鍵の場所を知らせてくれる キーファインダー キーホルダー LEDライト 忘れ物防止 忘れ…

 

または、シールになっていて、なくしたくない物に貼るだけで、探すことができるものもあります。

良く忘れ物をするという人は、使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク