食事のダイエットと言えば、カロリーコントロールをすることと思っていませんか?
サラダ
カロリーが低くても、脂肪になりやすい食材というものがあります。

カロリーの他、GI値の低い食品をあわせると、より効果的なダイエット効果があります。

スポンサーリンク


GI値とは?

食事をすると、血糖値があがります。

これは摂取した食べ物が、糖に変化して血液に流れます。

糖質の高いものを食べると、血糖値の上昇値も高くなります。

急激に血糖値が上がると、インシュリンが分泌されて、血糖値を下げようとします。

このインシュリンがたくさん分泌されると、脂肪が作られやすくなります。

GI値とは、食べ物を摂取した後に、炭水化物が分解されて、糖に変わるまでのスピードを表した数値になります。

血糖値の上昇スピードの速いものほどインシュリンがたくさん分泌されます。

脂肪を作らないためには、上昇スピードが遅い食べ物を摂る様にします。

GI値が高い食品を食べても、食べ合わせによってGI値を下げる効果のあるものがあります。

調理方法によっても下げる方法があります。

「酢」を使って料理をすると、数値が高い食べ物でも吸収をゆっくりにさせます

ほかにも「乳製品」、「豆腐」、「きのこ」、「食物繊維」、「海草」をあわせるのも良いとされています。

食事の時に、牛乳を飲んでみてもいいかもしれません。

また、食物繊維のものから食べ始めると良いです。

白米も、おかゆにするとGI値が下がります。

スポンサーリンク

GI値の低い食品が体に良いのはなぜ?

GI値の高い食品を食べると、血糖値が急に上がり、インスリンによって下げられます。

その結果、腹持ちが悪くすぐにお腹が空いてしまいます。

脂肪が溜まりやすいだけでなく、間食や二度食いをしてしまうことになります。

GI値が低い食べ物は、糖がゆっくりと吸収されます。そのため腹持ちがよくなります。

体に脂肪がたまりにくくなるので、食べても太らない体になる効果もあります。

うどんとそばどちらが太りやすい?

ダイエットのためにはカロリーだけでなく、GI値が低い食べ物を摂取することが効果的です。

お米や麺類についてはどうでしょう。

それぞれのGI値は、以下の通りとなります。
  • 精白米 88
  • 玄米 58
  • そうめん 80
  • パスタ 65
  • うどん 85
  • そば 54
白米とうどんは、かなり高い数値となっています。

うどんのほうがそばよりカロリーは低いのですが、そばのほうが、ダイエットには向いているということになります。

野菜の中で、数値が高いものは
  • じゃがいも 90
  • にんじん 80
甘いもので数値が高いものについては
  • 練乳 82
  • あんこ 80
  • チョコレート 91
  • ケーキ 82
  • はちみつ 75
ケーキよりも和菓子のほうが太らないといいますが、あんこを使ったものとケーキの数値はほとんど同じです。

スポンサーリンク