急な変更により、旅行に参加できなくなった場合、支払いをした旅行代金はどのようになるのでしょう。
飛行機 翼 キャンセル料にまつわるトラブルは、案外多いものです。

旅行予約後に交わす契約内容については、申し込み時にしっかりと確認をしておきましょう。

スポンサーリンク


旅行のキャンセル料は免除されるケースとは?

旅行のキャンセル料が免除されるケースについて。

「規約に基づき、旅行出発日のXX日前まででしたら、キャンセル料はかかりません。」

と契約書にかいてあるものであれば、該当日に満たない日時でのキャンセルは、キャンセル料がかかりません。

キャンセル料がかからないとはいえ、払い戻しについては、手数料差し引きなどがあるかもしれませんので、こちらも事前に確認しておきましょう。
スポンサーリンク

出発日近くで、催行会社や航空会社により中止が確定した場合は、キャンセル規定にかかる日にちであっても、キャンセル料はかかりません。

悪天候や、情勢不安定など、不測の事態が発生し、旅行の催行をするとお客様に危険が及ぶ可能性があると判断された場合に、中止になることがあります。

また、海外旅行保険の中で、旅行中の変更費用が保険によってまかなわれるものがあります。

旅行途中で急に帰国しなくてはならなくなった場合に使うことができます。

特約となるようですので、任意の保険についても確認してみるといいでしょう。

保険適用になる理由とは、親族の急死や、病気や怪我、事故、情勢不安定など。

こういった理由でかかる、取消料や違約料が、保険によってまかなわれます。

 

旅行のキャンセル料についてのトラブルが起きる理由は?

キャンセル料についてのトラブルについては、契約時にいつからかかるのかを確認しておきましょう。

キャンセル料がかかるギリギリの日にちが、連休や休業日にかかる場合などは要注意です。

また、旅行内容が、思っていたのと違った、つまらなかったといった理由による途中離脱や、キャンセル料の返金はありません。

ただし、確約されている内容が実際に行われなかった場合には、違約金を請求できるケースもあります。

旅程保証(変更補償金)を参考にしてください。

 

トラブルにならないために契約前に聞いておくべきこととは?

契約を結ぶ前に、旅行に含まれているもの、実費のものを、明確にしておきましょう。

全て含まれるものだと勘違いしていたら、別途自己負担のものが多くあったりすると、トラブルになる原因となります。

空港税や、入場料、食事の有無についてなど。

また、取消料の額についても、しっかり確認しておきましょう。

格安商品の場合、申し込み=キャンセル料100%という商品もあります。

いかなる理由であっても、返金はできないというものもあります。

航空券とホテルや送迎を別手配した場合、飛行機の遅滞や欠航の場合、当然ホテルや送迎は、キャンセル料が発生してしまいます。

別途手配する場合は、それぞれのキャンセル規定を把握しておく必要があります。

スポンサーリンク