辞書検索 海外旅行に行く時、英語が苦手でも少しは話せると、現地での楽しみはより多く、充実したものになります。

コミュニケーションができれば、現地の人とのふれあいや、お得な情報も得られることでしょう。

出発までに少しでも、語学力をアップする勉強のコツなどはあるのでしょうか?

スポンサーリンク


出発まで3ヶ月以内に旅行英会話をマスターするには

まず、出発まで日数がない場合は、旅行を中心とした会話能力に絞って学習をしましょう。

通常の基礎英語からはじめると、旅行のシーンと関係のない事柄や、言い回しに時間を取られてしまいます。

文法を1からきちんとはじめるよりも、多少文法が間違っていても、相手に意思を伝える練習ができればいいのです。

英語の勉強というと、文法をきちんと学習をしてきた人が多いと思います。ですので、動詞の変化だったり、時制の一致などが間違っていたりすると、恥ずかしい!・・・と思ってしまうかもしれません。

間違えるのが恐くて、なかなか英語を口に出せない。

そういう気持ちは、とりあえず捨てて、喋らなければ始まらないと開きなおりましょう。

堂々と間違っていても喋る人のほうが、相手には伝わりやすいのです。

英語を話すことの自身のなさを、まずは取り去ることが必要です。

関連記事:トラベル英会話の勉強法!出発まで1年以上あるならおススメはコレ!


 

会話より先に、リスニングを徹底する

英会話というと、発音やフレーズの暗記に時間を割いてしまいがちです。

ですが、一番最初にしなくてはならないのは「リスニング」や「ヒヤリング」です。

例え何か相手に質問をしたとしても、相手の答えがわからないとなると、会話になりません。

ですので、はじめは付属テープやCDを聞いて、とにかく音に慣れましょう。

全く意味が分からないと、聞き流していても覚えにくいので、テキストと照らし合わせて、意味を把握しながら音を聴くと、覚えやすいです。

何度も繰り返し聞いていれば、自然と頭の中に入ります。

音に慣れることで、英語に親しみやすく、抵抗感も薄れてきますので、最初はまずリスニングから始めてみましょう。
スポンサーリンク

旅行の定番フレーズを覚える

リスニングで耳が英語に慣れてきたら、今度は言葉にだしてみましょう。

最初は音読をするように、テキストをみながら一緒に声に出してみます。

頭で覚えていても、声に出してみると、案外舌がもつれてしまったりします。

スムーズに発音できるように、練習をしましょう。

旅行の中で例えば

「お手洗いはどちらですか?」

とか

「お会計をお願いします」

とか

「ここには、どう行ったらいいですか?」

などは、絶対に使うであろうフレーズです。

絶対使うであろうフレーズを抜き出して、徹底的に発音の練習をします。

言葉は喋れても、発音が上手くできずに、伝わらないということもあります。

恥ずかしがらずに、テープの発音をできるだけ真似てやってみましょう。

旅行英会話の教材によっては、「必ず使うフレーズ」として、既にまとめてあるものもあります。

教材はあまり量が多いものでないほうが良いでしょう。

出発までに、読み終えることができなかったり、復習ができないと折角勉強しても、出発までに忘れてしまうなんてこともあります。

 

興味のある事柄から覚えていく

とはいえ、なかなか単語やフレーズが頭に入らず、旅行の日にちも近づきイライラしてしまうこともあるかもしれません。

フレーズは、前から順番に覚えなくてはいけないという決まりはありません。

より使うと思われるものをチョイスして、覚えていきましょう。

例えば、ショッピングが好きな人は、値段交渉のためのフレーズを。グルメな人は、お勧め料理を訪ねる言葉などを。

自分が好きなことや、絶対に行ってみたい場所などがあれば、そこに行くためのフレーズをしっかり覚えておきましょう。

会話ができるだけで、旅行の充実度も大きく変わります。

今では旅行会話や指差し会話のアプリなども、簡単に手に入ります。

スマホひとつで、飛行機や車での長時間の移動中にでも、勉強をすることができますね。

 

関連記事:英語の音読は効果がある?それともない?時間をかける価値はある?

スポンサーリンク