夏の暑さ便利なものが増え、生活が快適になると同時に、日常で汗をかくということが、少なくなったと感じます。

暑くても、寒くても、空調が効いている場所にいれば、いつも快適でいられていいのですが、そのことによって、体の調節機能が、弱くなってしまうという弊害も出てきます。

汗をかくことが少ないと、汗が匂うなんていうこともあるんです。

スポンサーリンク


汗腺は鍛えられる?

汗をかく機会が少ないと、体の中に老廃物がたまって、べとっとした、イヤな汗になることがあります。

これは、汗を出す汗腺が衰えた時になる、汗の状態です。

汗をかかないと、汗腺が閉じてしまい、ますます汗が出にくくなります。

べとっとした汗は、匂いの素になるアンモニアや、分泌物などが濃縮されたような汗になっています。

汗腺トレーニングは、汗腺が閉じてしまったりしないよう、汗を出しやすくする方法です。

日常生活に取り入れて、汗が出やすいような体を保ちます。

汗が体の中にたまらずに、外に出やすくなれば、べとべとから、サラサラに変り、匂いにくくなります。

運動不足の人は、べとべと汗に要注意です。

 

汗腺トレーニングはワキガの改善に効果がある?

汗の匂いがきつい、ワキガの人にとっても、汗腺トレーニングはもちろん有効です。

トレーニングをすることにより、汗の匂いも変ってくるのではないかと思います。

ただ、ワキガの原因はアポクリン腺というところから出る汗であり、通常のエクリン腺から出る、水分の多い汗とは異なります。

これは生まれつきアポクリン腺が多いかどうかによりますので、汗腺トレーニングにより、ワキガをなくすということはできません。

しかし、きつい匂いを軽減させることはできるようです。

 

汗腺トレーニングの方法は?

汗をかく方法として、サウナや岩盤浴、ウォーキングなどの毎日の有酸素運動なども、効果的な方法です。

運動は体力もつきますし、汗をかいてスッキリしますが、無酸素運動などの急激に汗をかく運動は、汗の匂いをひどくさせる原因にもなるということです!

汗腺トレーニングは、毎日のバスタイムにも取り入れます。

リラックス効果も得られるし、疲れも取れて一石二鳥ですね。
スポンサーリンク

汗腺トレーニングの方法は

①少し熱めのお湯を浴槽にいれ、手と足を温めます。

温度は43度ぐらいまでにします。浴槽にバスチェアを入れ、座って腕のひじから下がお湯に浸かるぐらいまで、お湯を入れます。大体30センチぐらいになると思います。そのまま15分ぐらい、温めることで、汗腺に働きかけます。

②バスチェアを外し、半身浴をします。

お湯は少しぬるめに、38度ぐらいにし、おへその少し上にかかるぐらいの深さにします。そのまま15分、ゆっくり浸かります。

①の状態の時は、熱いお湯により交感神経が高まります。汗腺が刺激され、どんどん汗を出そうとします。

②の状態の時は、副交感神経にスイッチします。副交感神経でリラックス状態になると、汗が落ち着き抑えられます。

汗をかくことと、抑えることの訓練をすることで質の良い汗のかきかたができるようになります。

トレーニング後には、しっかりと水分補給をしてください。

とはいえ、冷水を急にたくさん飲んだりはしないように。

また、暑いからと、クーラーの効いたところに飛び込んだりなどしないように。

お風呂上りに急に体を冷やしたりしないように、気をつけます。

 

汗腺トレーニングのメリット、デメリットは?

汗腺トレーニングのメリットは、汗のコントロールができる体になり、汗がサラサラで匂わなくなります。

新陳代謝も良くなりますし、ダイエットの効果も期待できます。リラックス効果も得られます。

デメリットは、体調の悪いときなどは、体に負担をかけるため、体が元気なときに行いましょう。

高血圧や心臓病などがある場合は、熱いお湯につかると、血管の収縮が起こりやすくなるので、温度差に注意が必要です。

スポンサーリンク