郵便受け
パソコンや携帯がどんどん便利になったせいで、用事はメールで済ませてしまうという人が、今ではほとんどかもしれません。

とはいえ、挨拶や、お礼、お見舞いなどの、手紙を書く古くからの習慣がなくなってしまうことは、ないと思います。

同じ文章でも、メールでもらうのと、封書でもらうのとでは、やはり手間ひまをかけた、封書でもらうというのは嬉しいものですよね。

上手な手紙の書き出しを勉強して、相手の心に残る手紙の書きかたをマスターしましょう。

スポンサーリンク


誰に手紙を書くかで書き出しは違う?

仕事の手紙でしたら、決められた文章というものがありますが、個人宛の手紙の場合は、書き出しは相手により変るでしょう。

手紙は、相手のことを思って書くものですから、親しさによっても、上下関係などによっても、書きかたは様々です。

手紙の書き出しの最初の言葉に、「拝啓」「前略」という言葉からはじめることがあります。

この書き出しについても、「謹啓」になるとより丁寧になりますし、「恭啓」となると、もっと相手を敬うという言葉になります。

 

相手により、どんな書き出しで書くといいの?

相手が友人など、親しい間柄の人であれば、書き出しは決まった言葉ではなく、普通に喋りかけるように「XXさん、元気ですか?」という言葉からはじめても良いです。

または、通常手紙には、前文と呼ばれる書き出しの文章が必要なのですが、そういったものを飛ばしても大丈夫でしょう。

相手がそれほど親しくない人の場合は、やはり手紙の前書きが必要です。

季語をいれた文例などがありますので、手紙を出す時期の季語をさがしてみましょう。

例えば春にに出す手紙の場合は、春がやってくる喜びのような季語を入れると良いですね。

早春の候 浅春の候といった言葉からはじめたり、桃や桜、つくしなどの植物の言葉をいれた文章も、印象が柔らかくなります。

また目上の方には、やはり手紙の一般的なルールに基づいた書きかたをしたほうが無難です。

時候の挨拶、本文、結びの言葉といった順番で書きますが、本文や結びの言葉の中に、相手を思いやる気持ちが伝わる言葉を
挿入したいものです。

相手の成功や、健康を喜んだりする言葉でも良いでしょうし、相手からしてもらったことで、嬉しかったことを書くのも、
喜ばれるでしょう。
スポンサーリンク

手紙を書く前に目的を考える

手紙を書く前に、あまりにも書きかたのルールに捕らわれてしまうと、間違いが恐くなって、読んでもつまらない手紙になってしまうかもしれません。

例文をくっつけ合わせただけの手紙をもらっても、何だか味気ないですよね。

また、あまりに丁寧すぎて、慇懃無礼になってしまうのも良くないです。

手紙を書くには、もちろん礼儀も大切なのですが、自分の伝えたいことは何であるかを、分かりやすく書く必要があります。

手紙の形式は、時候の挨拶、本文、結びの言葉という順番でも、その中にちょっとしたお互いの思い出を入れたり、自分らしいエピソードを入れてみましょう。

いただきもののお礼の場合は、それをどうやって使ったとか、どうやって食べたかとか、家族の反応なども書き添えてみましょう。

相手を思いやる気持ちと、書いている人らしいエピソードが入っていると、手紙も生き生きしてきます。

また、相手を喜ばせてあげたいという気持ちを持って書くと、自然に相手の心に届く手紙になります。

「何を伝えたいのか」、「何を書いたらよろこばれるのか」。文章に困ったら、この2点をヒントにして、考えて見ましょう。

スポンサーリンク